トップへ戻る

vol.350:頸部痛と筋厚

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

頚部痛の有無による深部頸部屈筋の厚さの比較

A Comparison of the Deep Cervical Flexor Muscle Thicknesses in Subjects with and without Neck Pain during Craniocervical Flexion Exercises

👈PubMed Ilsub Jun J Phys Ther Sci. 2013 Nov; 25(11): 1373–1375.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・頸部痛の有無で頸部筋の厚さにどう違いがでるか知りたかったため。

 

内 容

背景・目的

・本論文の目的は深部頸部屈筋(頭長筋と頸長筋:DCF)と胸鎖乳突筋(SCM)の筋厚が頸部通の有無の違いで差があるかを検討する。

 

方法

40名の学生

20名の頸部痛ありグループ、20名の頸部痛なしグループ

・筋厚は超音波を用いて計測した。

craniocervical flexion exercise (CCFE)は背臥位にて頸部屈曲する運動とした。頭部の下に圧力を計測できる機器を用意し、被験者には徐々に頭部圧を上昇するように指示した。

 

結果

 

表:実験結果 Ilsub Jun (2013)より引用

 

・頸部痛群ではCCFEの圧が増加するほど、SCMの筋厚が増加した。

・頸部痛なし群では筋厚に有意差は見られなかった。

  

私見・明日への臨床アイデア

・頸部痛群は深部屈筋より表層にある胸鎖乳突筋の筋厚が動作時に厚くなりやすいことがわかった。胸鎖乳突筋の緊張の高さが痛みの原因のひとつなのかもしれない。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み