トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > パーキンソン病のリハビリ:体軸・脊柱回旋は一番どこが影響を受けるのか?

パーキンソン病のリハビリ:体軸・脊柱回旋は一番どこが影響を受けるのか?

毎週月・水・金の19:00より、闘うTherapyのバックナンバー配信しています。
Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

金子コメント:

今日はパーキンソン病の患者さんに関連する論文紹介です。軸つまり脊柱を中心とした回旋や連結にポイントが絞られています。

この論文では特に足部からの運動の連結に問題を持っていると書いています。作業療法士だろうと足部から介入できるスキルがあれば、更衣動作など回旋を多く必要とするADL課題を改善できるということです。

全身評価できることは必須ですね。

 

本文contents

英文抄読 Axial rotation in Parkinson’s disease(パーキンソン病患者の体軸回旋)

Axial rotation in Parkinson’s disease

M Vaugoyeau, F Viallet, R Aurenty, C Assaiante, S Mesure, J Massion

 

<目的> パーキンソン病患者の身体の長軸周囲の回旋を調査

3つの疑問を挙げている

1.パーキンソン病患者の体軸回旋は損傷を受けるのか?

2.筋連鎖のレベルは頭部から下肢か、下肢から頭部のどちらがより障害を受けやすいのか?

3.パーキンソン病患者の一般的な動作緩慢に関連する欠損は?

 

<方法>

日常生活において固縮や転倒を経験したYhar34のパーキンソン患者10 名の歩行初期時の身体の回旋を経時的に(AMTI; Advanced Mechanical Technology, Watertown,Massachussetts, USA)にて計測した。

ぱ1

<結果>

1.身体部位の回旋が正常人に比べ開始が遅い。また肩や骨盤の連結が乏しい。

2.パーキンはボトムアップ式(下肢頭部)の運動連鎖がトップダウンの下降性連鎖(頭部足部)よりも難しい 

3.正常人は肩と骨盤がほぼ同時に回旋するが、パーキンソン患者は骨盤の開始が遅くなる。この障害は一般的な動作緩慢ではなく、肩と骨盤間の不連結があり遅延を認める。

ぱ2

—臨床応用—

1.パーキンソン病患者さんには特に骨盤の回旋を意識した治療をする。 また、肩甲骨と骨盤の連結を特に意識する

2.足部から頭部へのkinetic chainを意識した治療をする。(足部のアライメントや感覚情報を修正しながら肩甲帯や頭部の立ち直りを評価していくなど

 

 

お知らせ information

金子技塾のサイトがSTROKE LABのページに組み込まれました。2015年度の平日コースは3月までいっぱいですが、月1回の休日コースはまだ空いております。また2016年の塾生も募集しております。すでに半数近くが埋まってきております。
お申し込みは→ こちら

・研修場面の動画を作成しました。
・12/6名古屋Bridge主催の脳祭りにて発表予定の患者さんの簡単なセラピーと経過動画が完成しました。内容の詳細はブログ→ こちら

お申し込みは申し込みフォーム→ こちら
よりお願いいたします。


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み