GLAYのTERUから学んだこと セルフコンディショニングと集客テクニック   – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療者
  4. GLAYのTERUから学んだこと セルフコンディショニングと集客テクニック  
医療者

GLAYのTERUから学んだこと セルフコンディショニングと集客テクニック  

Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

 

 

セルフコンディショニングと集客テクニック

 

なんと、あのホリエモンチャンネルにGLAYのTERUが出ているのです。

 

 

 

 

驚きましたよ。

 

その中で、とても興味深い話しがありました。

 

加齢しても、高い声を維持するために、ここ10年位探りながら分かったことがあるそうです。

 

 

 

・ライブの2日前から酒を飲まない

 

・辛いものを食べない

 

・乾燥させない

 

・ホテルに泊まり人と喋らない

 

 

 

など、加齢に対しての声の管理方法を完成させているようです。

 

 

 

僕も身体調整は常にテーマですので、共感を持てました。

 

 

1日の過ごし方、1週間の過ごし方、年間スケジュールの立て方

 

などなど、常に更新し続けると思います。

 

常に加齢が加わるので、その時のベストパフォーマンスを探り続けると思います。

 

自費なので、予定は立てやすいかもしれませんが、案外、予定に引っ張られるんです。

 

患者さんの依頼だとなかなか断りづらいので、予定が急遽入ることもあります。

 

セラピー時にベストパフォーマンスを出せるかは、その後の継続に一番大切です。

 

これは・・・

 

 

「リピーターを取るための集客テクニック」

 

 

よりも、遥かに大切です。

 

 

 

僕は回数券を利用していませんが、集客テクニックの中には「初回に10枚券を買わせる」ために、どのような声掛けや間のとり方などを練習するようです。

 

 

キレイ事かもしれませんが、僕はセラピストのプロフェッショナルとして、集客テクニックに力を入れるよりもベストパフォーマンスに全力を投じます。

 

 

僕の場合、最初に週1回の人が2回、3回と増えていくケースが非常に多いです。

 

 

ベストパフォーマンスでリピート回数が増えていく方が自然で、集客テクニックからの回数増加は不自然です。

 

 

不自然はいつかほころびが生じます(クレーム、返金など)

 

 

GLAYのTERUのように、何十年もファンと歩むための努力を怠らない、そう思いながら頑張りたいですね。

 

 

生きてく強さを 重ねあわせ 愛に生きる

 

 

努力が実れば そうたやすく もう迷わない!!

 

 

 

 

懐かしいですけど、その通り

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS