トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.594.同時収縮が観察ポイント!?脳卒中片麻痺患者の下肢の安定性と筋活動

Vol.594.同時収縮が観察ポイント!?脳卒中片麻痺患者の下肢の安定性と筋活動

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系、歩行

 

タイトル

●脳卒中片麻痺患者の立脚期における膝の安定性と同時収縮の関係性

 

●原著はCo-Contraction of Lower Limb Muscles Contributes to Knee Stability During Stance Phase in Hemiplegic Stroke Patientsこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●臨床において股関節戦略を膝の屈伸で代償していたり、下肢を安定させるために様々な戦略を取る方を見受ける。片麻痺患者の下肢の安定について思考をまとめたいと思い、学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中片麻痺患者の歩行に膝の安定は重要な役割を果たします。ただし、膝の安定性に影響を与える要因は、歩行に関して評価されていません。

 

●研究目的は、下肢筋の同時収縮が脳卒中片麻痺患者の歩行の立脚期における膝の安定性に貢献するかどうかを調査することでした。

 

 

方法

 

●36〜79歳の合計30人の脳卒中片麻痺患者が参加し、自然な速度で歩くように指示されました。表面筋電図のRMSを使用して、大腿二頭筋と大腿直筋の活動を測定し、同時収縮率はRMSに基づいて計算しました。

 

●膝伸展のピーク角度は、3次元運動学的分析によって立脚期にデータが取得されました。

 

●下肢の運動評価のためにFugl-Meyerスケールを使用して下肢機能を評価しました。

 

 

結果

 

●過剰な大腿直筋の同時収縮は、立脚期に生じました。同時収縮率 はheel strike~mid stanceの膝伸展のピーク間に、患者の非麻痺側と比較し、麻痺側下肢の筋で増加しました。観察された差は統計的に有意であり、大腿直筋と麻痺側他下肢筋との過度の同時収縮があることを示唆しました。

 

●股関節伸展のピーク角度または足関節底屈筋活動について、麻痺側と非麻痺側間に有意差は観察されませんでした。

 

図参照:Co-Contraction of Lower Limb Muscles Contributes to Knee Stability During Stance Phase in Hemiplegic Stroke Patients

 

●筋の同時収縮率は、歩行の立脚期における膝伸展のピーク角度、FMA-LEおよびModified Ashworth Scaleと有意に相関していました。

 

●我々の結果は、大腿直筋の同時収縮が脳卒中片麻痺患者の膝と下肢機能の安定性に関与することを示し、脳卒中片麻痺患者の歩行中の膝の安定性のリハビリテーションにおいて同時収縮を考慮すべきであることを示唆しています。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●大腿直筋は股関節の屈筋、膝の伸展筋として働くが、臨床ではその機能を分離できずにいわゆるstiff knee gaitとなってしまう方も多い。他部位のweaknessが連合反応を強めている場合も多く、当該筋への介入だけでなく根本的原因にも臨床推論の下で介入していきたい。

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【脳卒中・協調性・同時収縮】関連論文

 

Vol.449.脳卒中患者は両脚共に遊脚相の膝屈曲角度が減少している!?脳卒中患者における下肢筋活動と遊脚相の膝屈曲角度の関連性

 

Vol.438. Fast FESは歩行時の足関節周囲筋の協調的な活動を改善させる!?ヒラメ筋or前脛骨筋にFESを用いた高速トレッドミル練習の効果

 

vol.328:立ち上がり時の筋活動  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み