トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.551.運動主体感に重要な脳の部位とは?

Vol.551.運動主体感に重要な脳の部位とは?

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●運動主体感に重要な脳の部位とは?

 

 

●原著はBrain Networks Responsible for Sense of Agency: An EEG Studyこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中後の上肢麻痺患者の治療を実施している際に、上手く出来ても他人事のような反応の方がいる。運動主体感・身体所有感に興味を持ち本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

●運動主体感(sense of agency:SA)は自分の行動が自分自身によって生み出されたという感情です。

 

●SAの神経基盤は、多くの神経画像研究で調査されていますが、特定された領域の機能的接続性はめったに調査されていません。研究目的は、SAに関連するニューラルネットワークを調査することです。

 

方法

 

●手の動きのSAは仮想現実で変調されました。脳波(EEG)パワースペクトルと16人の右利きの健康なボランティアのα、β、γ周波数帯域の位相コヒーレンス(波の持つ性質の一つで、位相の揃い具合、すなわち、干渉のしやすさ)によるSA変調に関連する皮質ネットワークを調べました。

 

●EEG記録の前に、すべての参加者は右手にCyber​​Gloveを装着していました。指の動きからのデータが記録され、コンピューターモニター上の手の画像を制御しました。コンピューター化されたプログラムは、コンピューターによって導入されたランダムな動きと、さまざまな量の動きを組み合わせました。変調には、0%、25%、50%、75%、100%の5つのレベルがありました。0%のコントロールは、参加者が仮想の手をまったくコントロールしていないことを意味します。100%の制御は、参加者が仮想の手を完全に制御していることを示しています。参加者は、モニターで仮想の手を見て、右手の個々の指を1本ずつ曲げるように求められました。2つの異なる課題を実行するように求められました。(1)モニターに仮想の手が現れると、参加者は自分の自由意志と視覚的なフィードバックで指を動かすように求められました。 (2)モニターに「+」が表示された場合、参加者は手の動きなしで「+」を見るように求められました。

 

●EEG記録が終了した後、EEG電極を取り外し、参加者は快適な椅子に再び座って、視覚的なフィードバックを使用して指の動きを再度実行しました。EEG記録時と同様に%コントロールには5つのレベルがありました。参加者は各レベルのタスクを実行した直後に、仮想の手を制御する感覚を評価するように求められました。0%から100%までの任意の数を報告することができます

 

結果

 

●前頭葉(F7-FP2、F7-Fz)内のα帯の位相コヒーレンスは、SAの変化に直接関連していました。前頭領域内の(前頭におけるα帯域の脳波)の神経ネットワークが運動主体感の生成に重要である可能性があることが示唆された。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●臨床では、早期から積極的かつ能動的な上肢介入をしないと、練習で上手く言ったとしても他人事のような、まるで他人の手のような反応となりやすい。入院中リハビリを行っているにもかかわらず麻痺側上肢の不使用を生じている場合に所有感・主体感を損ねる印象があり注意が必要である。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み