トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.542.アームスリングがバランス・歩行に及ぼす影響とは?

Vol.542.アームスリングがバランス・歩行に及ぼす影響とは?

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●アームスリングがバランス・歩行に及ぼす影響とは?「ないよりはあった方が‥」と口にする方が多い印象。その効果は世界的にはどんな結果が出ているのか気になり本論文に至った。

 

●原著はThe use of shoulder orthoses post-stroke: effects on balance and gait. A systematic reviewこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●アームスリングを装着する片麻痺患者はまずまず散見される。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中患者の肩の亜脱臼または肩の痛みの予防または軽減におけるアームスリングの使用に関する明確な結論はなく、その有益な効果を調査することは重要であるようと思われます。

 

●以前の研究では、脳卒中患者の効率的なバランスと歩行に上肢がかなりの役割を果たす可能性があることが示唆されていました。したがって、このシステマティックレビューの目的は、脳卒中患者のバランスおよび歩行に対するアームスリングの着用の影響を調査することでした。この情報は、脳卒中後の肩装具の使用に関する意思決定をサポートする可能性があります。

 

方法

 

●Pubmed含む4つの電子データベースにおいて2019年4月8日まで検索されました。脳卒中患者のバランスと歩行に対する上肢装具の装着の影響を調べるすべての研究が含まれていました。

 

●軽度~中等度の上肢障害を有する283人の脳卒中患者を調査した10件の研究が、結果の定量的統合に含まれました。脳卒中からのプールされた平均時間は21.88±9.03ヶ月でした。

 

結果

 

●これまで脳卒中患者のバランスと歩行にアームスリングを着用することの潜在的なメリットに関する強力なエビデンスはありませんでした。しかし、より長期介入でのさらなる研究は、脳卒中後の初期段階の脳卒中患者または持続的な上肢障害の患者がアームスリングを着用することから利益を得る可能性があるかどうかを判断するのに役立つ可能性があります。

 

●今回の結果では、アームスリング着用にてバランスまたは歩行に関連するパラメータのわずかな効果を検出したが、MCIDを超えませんでした。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●パワー的に上肢の重さを保持できず姿勢に影響を及ぼしている患者においては効果をいくらか実感するかもしれない。あくまで上肢の重みを除すことが出来ていればである。装着時の姿勢にもこだわる必要があり、アームスリングがただのお飾りにならないよう病棟や家族ともしっかり情報共有を図りたい部分である。装着に手間はかかるため、できれば運動療法で解決したい部分である。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み