トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.488.睡眠薬服用時は転倒に気をつけて!夜間中途覚醒とバランス・認知機能との関係性

Vol.488.睡眠薬服用時は転倒に気をつけて!夜間中途覚醒とバランス・認知機能との関係性

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

脳科学

 

タイトル

●睡眠薬服用時は転倒に気をつけて!夜間中途覚醒とバランス・認知機能との関係性

 

●原著はInfluence of Zolpidem and Sleep Inertia on Balance and Cognition During Nighttime Awakening: A Randomized Placebo-Controlled Trialこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●睡眠障害や睡眠導入剤を使用されている患者は多い印象である。「寝るときの薬を変えたらふらふらする」との声を聞くときもある。実際、夜間のバランス状態・睡眠導入剤服用時のバランス機能はどう変化するのか気になり本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

ゾルピデム(睡眠導入剤)の使用有無に関わらず、睡眠慣性(一過性のぼーっとした状態)が、歩行の安定性と認知を損なうか調査した。

 

方法

 

●予定睡眠の10分前に5ミリグラムのゾルピデムを服用する群とプラセボ群に分けた。

 

●2時間後にコンピュータ化されたパフォーマンス課題を使用して測定された。課題はつぎ足歩行と認知機能テスト(数学的な作業記憶・Stroop干渉課題)であった。

 

●参加者は就寝前の約160、90、60、および45分前に認知テストを4回行い、最後の2つのテストの平均を就寝前のベースラインとして使用しました。ゾルピデムと睡眠慣性の影響は夜の前半で最大になる可能性があり、参加者は予定された睡眠の110分後にテストされました。参加者は、まずつぎ足歩行のために用意された梁の端で5秒静止してから約5mつぎ足歩行を行うように指示されました。バランスは目を覚ましてから約1、15、および30分後にテストされ、認知機能はベッドで目を覚ましてから約6、20、および35分後にテストされました。

 

結果

 

●10回の練習試験でつぎ足歩行テストで失敗した人はいませんでした。ゾルピデムで治療された高齢者1.7人および若年者5.5人ごとに1人でタンデム歩行障害を示しました。高齢者と若年者の覚醒制御よりも、ゾルピデム服用後の認知機能は有意に低下しましたが、睡眠慣性は、若年者ではなく高齢者の認識力を著しく低下させました。

 

●タンデム歩行障害は転倒や股関節骨折を予測し、認知障害は安全に重要な影響を与えるため、非ベンゾジアゼピン系催眠薬の使用は、以前に認識されていたよりも健康と安全に大きな影響を与える可能性があります。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●睡眠導入剤の服用の有無に関わらず、睡眠慣性は認知面を一時的に低下させるようである。さらに睡眠導入剤を使用した場合、バランス機能も併せて低下させる可能性がある。基本的に、リハ職では実際夜間の動きは見れず、看護師・介護士への情報収集が重要となる。特に夜間、頻尿の方や睡眠導入剤を服用されている方などは気にかけて情報収集する必要がある。

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み