トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > Vol.482.足底内在筋を麻痺させた時に内側縦アーチは?二足歩行における足底内在筋の機能的重要性

Vol.482.足底内在筋を麻痺させた時に内側縦アーチは?二足歩行における足底内在筋の機能的重要性

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

歩行

 

タイトル

●足底内在筋を麻痺させた時に内側縦アーチは?二足歩行における足底内在筋の機能的重要性

 

●原著はThe Functional Importance of Human Foot Muscles for Bipedal Locomotionこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●細かな姿勢制御、歩行などダイナミックな動作の中でも足部の筋は重要と思われる。しかし、実際どの程度足部内在筋が姿勢制御に貢献しているのか自分自身理解が不十分と感じた。そのため、学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景・目的

 

●人間では、内側縦アーチは足を硬くし、地面に推進力を加えるためのてこの力を提供し、2足歩行やランニングを行うのに有利であると考えられています。

 

●内側縦アーチの弾力性は足底腱膜、踵からつま先の下までアーチにまたがる靭帯構造に基づき、つま先の回転を可能にするMTP関節の下に巻き付いています。ウインドラス機構を介して足部の固定力を高めます。ウインドラス機構は、立脚後期で足底腱膜が中足骨頭の周りに巻きつき、内側縦アーチが上昇し、推進力のために受動的に足部の剛性を高めます。そのため、足底腱膜は、内側縦アーチをサポートする上で最も重要な軟部組織と見なされることがよくあります。エビデンスの増加により、内側縦アーチは足底内在筋(PIM)によってもサポートされていることが示唆されています。いくつかのPIMは足底腱膜と並行してまたがり、ウォーキングとランニングで足が地面に接触している間アクティブに活動します。

 

●人間の歩行およびランニング中の足の機能に対するPIMの重要性を裏付ける直接的な実験的証拠はありません。

 

●足底内在筋(PIM)の機能的重要性をテストするため、脛骨神経ブロックあり/なしでの力学を比較した。

 

結果

 

●結果は足底内在筋PIMをアクティブにできないことで、内側縦アーチLAの圧縮がわずかに大きくなりましたがその影響は小さかった。神経ブロックされると足部の遠位関節が十分に硬化せず立脚後期で地面に対して通常のプッシュオフを行えなかった。これにより、股関節筋系によって生成されるストライド率と代償力が増加しましたが、代謝コストは増加しませんでした。

 

●PIMが大きな負荷を吸収するときの縦アーチの剛性への影響は最小限であるが、歩行または二足歩行での地面に対するプッシュオフを助けるために足部遠位の剛性を高めるのに役立ちます。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●足底内在筋は立脚後期の安定に重要であることが示唆された。足底内在筋は荷重下での足部の剛性または知覚に関わるため、その長さや収縮力をしっかり評価する事は重要と思われる。また、足部の剛性は足底筋だけでなく、多くの関節や筋を有しており、内側外側縦アーチ・横アーチと丁寧に評価し、上行性の影響を推察していけるよう臨床で取り組んでいきたい。

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み