【2022年最新版】長・短下肢装具のメリット・デメリットは何? 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 装具系
  4. 【2022年最新版】長・短下肢装具のメリット・デメリットは何? 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー
装具系

【2022年最新版】長・短下肢装具のメリット・デメリットは何? 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー

 

 

論文に入る前に

 

 

学生さん
学生さん
装具の選択や適応が難しく、いつも悩みます。どのような点を注意すれば良いのですか?
ストロボ君
ストロボ君
確かに装具の選定は多くの知識や分析が必要ですね。考えるべきポイントを以下にまとめます。

 

 

装具の目的は?

 

 

装具の目的は、急性または長期的な損傷や障害時において機能の効率を高めることです。

 

これには、軟部組織や骨の損傷、および神経学的変化が含まれます。

 

装具は、筋力強化やストレッチ、歩行やバランスの再訓練、手を伸ばしたり握ったりする方法などの理学療法の補助手段として有効です。

 

必要な装具のタイプを決定する前に、以下の8項目について検討を行うことをお勧めします。

 

 

①患者の目標は何か?

 

②患者の機能に影響を与えている特定の障害は何か(頭からつま先まで歩行分析について考える)

 

③障害は軟部組織の変化の結果なのか?セラピーによって変化させることができるか?

 

④歩行補助具は必要なのか?

 

⑤保護すべき運動や部位は何か?

 

⑥装具は活動の効率を向上させることができるか?

 

⑦患者はどのような補助具に適応できるか?

 

⑧装具は、患者のニーズに応じて、既製品またはカスタマイズすることができるか?

 

既製品かカスタム型か?

 

 

ー”既製品”の装具ー

多くの患者は、既製の装具を利用することができ、それは患者のサイズに合わせて調整することができます。

 

これらの装具には、小、中、大のサイズがあり、ベルクロストラップなどで患者に合わせてサイズを調整することができます

 

これらは軽い素材であることが多く、カスタム装具を作る前に、療法士や技師装具士の見解を確認したり否定したりするための評価にも適しています。

 

 

ーカスタム型ー

人によっては、より複雑な怪我や複数の関節構造への変化に対応するために、カスタマイズされた装具が必要となります。

 

これは特に、脳卒中、脳性麻痺、パーキンソン病などの神経疾患や、外傷性脳損傷などに当てはまることがあります。

 

これらのケースでは、筋肉の痙縮・クローヌスが患者の機能に影響を与える可能性があります。

 

装具は、痙縮の影響を改善したり、拘縮のリスクを減らしたりするために、安静時と運動時の両方に使用することができます。

 

この場合、装具は個人に合わせて特別に測定され、成長(小児の場合)や関節構造の変化に合わせて再作成されることになります。

 

 

 

メリットは?

 

 

下肢

歩行の遊脚相と立脚相の両方に影響を与える

 

変形の予防や修正、体重負荷時の痛みの軽減

 

歩行の効率化とバランスの維持

 

支持基底面/側方支持の向上

 

同側および対側の手足の補正の必要性と二次的な痛みの軽減

 

スキルのトレーニングを促進する

 

 

上肢

怪我をした後に使用することで、さらなる怪我を防いだり、怪我をした手足を支えることで痛みを軽減する

 

変形を防止または修正することで、痛みを軽減し、手を伸ばしたり掴んだりする作業の機能を最大化する

 

リーチや把持の効率性を高める

 

負傷した手足の治癒を促進するための負荷軽減

 

同側および対側の手足の補正の必要性と二次的な痛みを軽減

 

バランス維持における上肢の役割の向上

 

 

脊椎

脊椎骨折などを安定させて、患者が通常の活動に戻れるようにし、脊髄を保護できます。

 

脊椎装具は、脊椎骨折をサポートするために使用することができます。

 

装具を着脱する際の患者さんの姿勢について、明確な指示があることが重要です。この指示は、CT、MRIスキャンと、脊椎骨折の安定性に関する多職種間の話し合いに基づいて行われます。

 

デメリットや注意すべきポイントは?

 

①感覚の喪失(定期的に皮膚をチェックして、圧迫される部分がないか確認してください)

②同側または対側の手足の代償

③痙縮への影響

④不適切な角度での設定による合併症【足の変形、立位での膝の屈曲の増加、筋肉の過剰収縮など】

⑤感覚のフィードバックの欠如、固有受容感覚の喪失

⑥可動域の制限

⑦自然な衝撃吸収が失われ、長期的な関節の損傷を引き起こす

 

 

他にも考慮すべき視点

 

・見た目

・素材

・重さ/硬さ

・脱ぎ履きのしやすさ

・代償への管理/教育

・装具の種類

 

 

機能的電気刺激との併用

 

中枢神経系の障害や病気を持つ患者では、機能的電気刺激【FES】を動的装具として使用することが可能であり、安全である場合があります。

 

末梢神経の電気信号をシミュレートするために、多くの筋群に使用することができます。

 

筋力低下による下垂足や膝の過伸展の衝撃を軽減するためによく使用されます。また、FESが筋肉の強化に寄与するという証拠もいくつかあります。

 

このようにして、FESは患者の転倒リスクを低減し、QOLスコアを向上させることが示されています。

 

機能的電気刺激の記事は↓↓↓

 

 

ストロボ君
ストロボ君
装具で見るべきポイントは整理できましたか?それでは以下の論文で詳細のエビデンスも述べますね。

 

 

 

 

一般の方向け解説動画

 

 

 

 

 

装具に関する論文紹介

 

カテゴリー

装具系

 

 

 

タイトル

下肢装具使用のメリット・デメリットNon-velocity-related effects of a rigid double-stopped ankle-foot orthosis on gait and lower limb muscle activity of hemiparetic subjects with an equinovarus deformity.?PubmedへStefan Hesse et al.(1999) 

 

 

 

本論文を読むに至った思考・経緯

回復期に勤めるにあたり、装具のメリット・デメリットを理解すべく、本論文に至る。他論文で得たものと合わせて検討する。

 

 

 

論文内容

研究目的・方法

•この研究は、明白な機能的利益があるにも関わらず、AFOの使用を躊躇するセラピストに対し、そのメリット・デメリットを示すべく、AFOおよび裸足で歩行する片麻痺患者における下肢筋肉の筋活動について研究した。

 

•本研究では、麻痺側下肢の筋活動に特に重点を置き、硬性の短下肢装具(AFO)の効果を検討した。装具は80°(背屈-10°)から90°(中立位置)の範囲に設定された。背屈はばねによって補助される。

 

 

 

結果

•歩行において、麻痺下肢の単脚支持期の持続時間を長く、スイングの対称性を良好にし、足関節の動きを改善させる等よりダイナミックでバランスのとれた歩行と関連していた。

 

yvyu

•麻痺側下肢の足底の荷重面積は、装具の使用で44.2%増加し、非麻痺側も30.4%増加した。 下肢の荷重率の著明な変化は観察されなかった。

 

•装具は、より動的でバランスのとれた歩行をもたらし、外側広筋の機能的活性化が促進されたが、前脛骨筋の活性低下が観察された。長期装着により、前脛骨筋などの活性低下と廃用萎縮、装具への依存などが懸念される。

 

 

 

他論文による追記

 

•AFOを有する患者は、AFOを使用しなかったグループの患者と比較して、有意に高いFIMを有した。AFOを有する患者は、使用しない患者よりも独立した運動を行った。

Effects of Ankle–Foot Orthoses on Functional Recovery after Stroke: A Propensity Score Analysis Based on Japan Rehabilitation Database(2015)

 

•長期的に見ると、AFOを使用し自宅に帰られた群の方が、FIM・バランスなどスコアが低下したと報告する文献もある。

Physical and functional correlations of ankle-foot orthosis use in the rehabilitation of stroke patients.(2001)

 

私見・明日への臨床アイデア

 

•退院後に装具とどう付き合っていくかということが重要になると思われます。

 

•自宅外では装着するが、外で長く着けていたから自宅では外したい、自宅内では衛生・浮腫・装具が重い等様々な理由から外したいという方も多いと思われる。

 

また、着脱に時間がかかるというのも面倒に感じ装具を外して生活する原因になると思われる。そうすると、入院時に装具でのADLを高めても、結局は自宅では素足でのADLが求められてくると思われる。

 

その状態で動作することで、姿勢不良や緊張が高まってきてしまうなど身体機能に変化が出てくるのではと思われる。

 

また、装具を装着しての生活を維持できていても、装具にて補う部分の廃用進行が懸念される。どちらにせよ、退院後の定期的なリハビリでのケアが必要なのではないかと思われる。

 

•装具を提案するのはエビデンスからも悪い事ではない。しかし、装具を装着して退院へ向かうのであれば、その後長い人生が待ち受けるため、そこまで考えて退院後の指導をした方が良いと思われる。

 

 

 

 

   

下肢のハンドリングに役立つ動画

   

 

 

 

 

 

STROKE LABの療法士教育/自費リハビリを受けたい方はクリック

 

 

臨床の結果に悩んでいませんか?脳科学~ハンドリング技術までスタッフ陣が徹底サポート

 

 

 

 

 

厳しい採用基準や教育を潜り抜けた神経系特化セラピストがあなたの身体の悩みを解決します

 

 

 

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS