トップへ戻る

お知らせ News & Topics

TOP > お知らせ > 皮膚伸張と振動刺激の複合的感覚入力による運動錯覚

皮膚伸張と振動刺激の複合的感覚入力による運動錯覚

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)


 

 
STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!
 
 

カテゴリー

神経系 

タイトル

皮膚伸張と振動刺激の複合的感覚入力による運動錯覚

Cutaneous receptors contribute to kinesthesia at the index finger, elbow, and knee.☞リンクhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15917323 

Pubmed.Collins DF et al.J Neurophysiol. 2005 Sep;94(3):1699-706. Epub 2005 May 25.

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・運動感覚kinesthesiaに興味があり、どのように入力すると、よりリアルな運動感覚を入力する事が出来るか学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

背景/目的

 

・関節の位置感覚と運動の根底にある神経メカニズムは物議を醸すままです。

 

・皮膚受容体は指の運動感覚に寄与することが知られているが、本実験では皮膚受容体が他の主要な関節においても寄与しているという仮説を検証する。

 

方法

 
・示指のIP関節、肘、および膝関節で皮膚および筋紡錘の受容体の集団を別々および共に刺激することによって、運動錯覚が誘発された。

・皮膚受容体は皮膚の伸張および振動により筋紡錘の受容体を活性化された。

・刺激は、関節屈曲中に放出される受容体を活性化するように設定された。 

 

 

 
 

結果

 

・人差し指では、手の背側の伸筋腱に振動を加え、MCP指節関節の屈曲運動の錯覚を喚起した。また、IP関節の周囲の皮膚の伸張を行った。強い皮膚の伸張は、6/8人の被験者において近位IP関節の屈曲の錯覚を引き起こした。振動中に送達される強い皮膚伸張は、振動のみと比較してMCP関節の知覚される屈曲の付随的な減少を伴って、 proximal IP関節の知覚される屈曲を8倍増加させた。
 

・肘については、上腕三頭筋の遠位部の腱に振動を加え、背側前腕の皮膚を伸ばした。5/10の被験者において強い皮膚の伸張が肘の屈曲運動錯覚を誘発した。同時に強い皮膚の伸張と振動は、振動と比較して1.5倍肘の屈曲運動錯覚を増加させた。
 

・膝については、膝蓋腱に振動を加え、大腿部の皮膚を伸ばした。皮膚伸張のみで3/10人の被験者(8±4度)で膝屈曲が錯覚が誘発され、振動中に皮膚伸張をした場合は、振動のみと比較し、1.4倍運動錯覚する被験者が増加した。
 
・皮膚受容体、筋受容体からの入力、および両方の受容体からの組み合わされた入力は、体全体の関節における運動感覚を補助する可能性が高い。
 
 

私見・明日への臨床アイデア

 

・感覚は単独よりも、複合的(異種)、同時に入力する事でよりリアルな運動錯覚として統合されることが示唆された。振動による運動錯覚は市販のハンディマッサージャーでも体験できるため是非試用して頂きたい。その際、錯覚を起こすには、その感覚入力以外の感覚による阻害が起こらないよう(視覚の遮断など)環境設定することが望ましいと思われる。
 

 

職種 理学療法士

 
 
   

脳卒中後の手のリハビリに役立つ動画

   
 
論文サマリー 一覧はこちら

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら
 
 
 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


 
 
 


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み