トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 脳科学系 > vol.60:姿勢反応における大脳皮質のコントロール 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

vol.60:姿勢反応における大脳皮質のコントロール 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

capture

 
 

 

 


 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!

 


 
 
 
 
PDFでもご覧になれます。→
PDF
 
 
 
 

カテゴリー

脳科学,姿勢制御
 
 
 

タイトル

姿勢反応における大脳皮質のコントロール
Cortical control of postural responses👈PubMedへ
Jacobs JV et al:J Neural Transm (Vienna). 2007;114(10):1339-48
 
 
 

内 容

概 要

●外部の動揺に対する姿勢反応に対する皮質関与のエビデンスを報告したPaper
 
●潜在期間の特異反応について定義はせず,一般的な用語(例:initial vs Lateなど)を姿勢反応における皮質関与の根拠に基づいて討議している
 
 
 

内 容

●すばやい随意運動をする際に先行して現れる姿勢反応は,脊髄伸張反射に比べ滞在が長く,皮質の関与が見込まれる
 
●オートマティックな姿勢制御はshort-latency(SL)=短い滞在,medium-latency(ML)=中等度の滞在,long-latency(LL)=長い滞在の3つが世間一般的に言われ,可能性として皮質間の伝達は滞在時間を長くしてしまうと言われている
 
●動揺へのステップ反応やリーチなどはinitial condition(手すり安全な床面など)に基づいて変化する
 
1
 

Fig.1:姿勢動揺に対する潜在時間でみた皮質コントロールの神経回路モデル(Jacobs JV et al:2007👈PubMedへ)
●姿勢動揺が起きて最初に反応するのはMidbrain(中脳)で,Synergyがつくられた後,Latephaseにて皮質が関与しステッピングやリーチングが出現する(環境への適応=平衡反応)
●除脳ネコの実験のおいては,抗重力位を保つのは脳幹レベルで十分であったと報告している

 

 

●過去10年,オートマティックな姿勢コントロールは神経生理学において単脊髄ループか,皮質を介すループなのか議論が続いている
 
●調査では,除脳猫において最初のinitiateは脳幹から起こるようだと報告している
 
●動揺への最初の反応に皮質間は含まないが,反応過程の中(late phase)で皮質間は含まれるかも知れない(リーチ・代償的なステッピング反応など)
 
●運動野が損傷されるとスッテッピング反応がでなくなることが実験で明らかになっている
 
●動揺の40~50ms後に第1次感覚野の反応が見られる
 
 
 

まとめ

●早急な反応には皮質の関与は乏しいが,環境に適応していくようなバランスに必要となる
 
●姿勢制御において,皮質は皮質脊髄路を介す直接的な関与と脳幹を介す間接的な関与があり,スピードや柔軟性のあるバランスに貢献している
 
 
 

私見・明日への臨床アイデア

●大脳皮質に障害のある患者のバランス反応に着目する際の参照となる
 
●Stepping strategyを過剰にとる患者は皮質優位のバランスとして考えてよいかもしれない
 
●aAPAは皮質の関与が非常に重要になってくるのではないか?
 
●皮質優位の姿勢戦略はStrategyの発現までにラグを要し,即時の姿勢応答に適応していくことが困難となることが容易に推測できるため,皮質・皮質下でのコントロールの配分?をセラピストが評価しながら姿勢制御を学習させていくことが望ましい
 
 
 
 
 
 

所属 STROKE LAB

氏名 金子唯史

 
 
 
 
 
 
 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


 
 
 
 
 
 

 

 

 


無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み