トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.285:靴下の違いとまたぎ動作

vol.285:靴下の違いとまたぎ動作

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

靴下の違いによる高齢者が障害物をまたぐ際の速さとストライド長について

Effects of socks which improved foot sensation on velocity and stride length of elderly subjects crossing obstacles👈PubMed

Won-Gyu Yoo J Phys Ther Sci. 2015 Aug; 27(8): 2519–2520.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

靴下の違いでまたぎ動作にどう変化がでるか調べた論文を見つけ、興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・足底は固有受容器としてとても重要な器官である。本研究は靴下の違いがまたぎ動作時の速さとストライド長にどう影響を与えるか検討する。

 

方法

・歩行速度とストライド長を計測した。

・障害物を以下の3つの条件でまたいだ。

・①裸足、②一般的な靴下、③感覚向上靴下(靴下の内面に3mmのシリコンを1cm間隔で貼付した靴下)

 

結果

・歩行速度は①裸足、③感覚向上靴下の方が②一般的な靴下より有意に速かった。(①64.2 ± 5.6、②55.1 ± 11.3、③61.9 ± 9.2 、単位cm/s)。裸足と感覚向上靴下の間に有意差はなかった。

・同様にストライド長は①、③が②より有意に大きかった(①92.2 ± 6.0、②81.0 ± 8.6 cm、③88.9 ± 10.8、単位cm)。①、③の間に有意差はなかった。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

・靴下内面のシリコンにより裸足と同程度の歩行速度とストライド長が得られた。冬場に裸足でいることはできないため、このような特殊な靴下を利用者様に履いていただくと、転倒予防の一助となるかもしれない。

 

職種 理学療法士

 

 

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み