トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.523.慢性期脳卒中患者に対するToe Spreaderの歩行に対する効果とは?

Vol.523.慢性期脳卒中患者に対するToe Spreaderの歩行に対する効果とは?

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●慢性期脳卒中患者に対するToe Spreaderの歩行に対する効果とは?

 

●原著はEffects of toe spreader on plantar pressure and gait in chronic stroke patientsこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者において足関節~足趾にかけての変形を示す患者は多く、それに対する臨床の思考の引き出しを増やす学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●歩行時、足は地面と最初に接触し、姿勢と歩行の両方を制御します。 脳卒中後に足(指先)の構造的変化を引き起こす可能性があります。それは下肢とバランスの両方に影響を与える機能的変化を引き起こします。(補足:緊張性足趾屈曲反射【tonic toe flexion reflex:TTFR】は、脳卒中片麻痺患者を含む中枢神経疾患で出現することが多い。)

 

●慢性期脳卒中患者の足底圧力分布と歩行のパラメーターに及ぼすtoe spreaderの効果を分析しました。

 

方法

 

●25人の慢性期の脳卒中患者が研究に参加しました。 Gaitview AFA-50およびGAITRite機器を使用して、足底の圧力分布と、Toe Spreaderがある場合とない場合の歩行を測定しました。

●25人の患者は(平均年齢55.24±12.72歳、身長165.44±10.50 cm、体重67.08±14.84kg、足のサイズ254.4±15.77 mm)で16人が男性、9人が女性でした。15人の被験者の筋緊張はMAS1で、10人の被験者の筋緊張はMAS1+でした。

 

結果

 

●Toe Spreaderの使用にて平均・後足部の圧力が幾分増加した。しかし、事後テストでは有意差がなかった。

 

●歩行の全ての変数において大幅に改善された。

 

●Toe Spreaderは、慢性期脳卒中患者の全体的な歩行および時空間歩行パラメーターを改善する可能性があります。

 

●足底圧に有意な変化は見られませんでしたが、空間的および時間的歩行パラメータは大幅に変化しました。Sacaらでは、Toe Spreaderは片麻痺患者の歩行速度とケイデンスを増加させたが、空間パラメーターや歩幅またはストライド長には大きな影響を与えなかったと報告しました。

 

●ただし、今回の研究では歩幅とストライド長が大幅に増加していることがわかりました。Toe Spreaderは、中足指節間関節をニュートラル位置に配置し、指節間関節をわずかに伸ばして極端な屈曲を防ぎ、立脚期の足部に機械的サポートと安定性を与えます

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●脳卒中患者において足趾の屈筋反射が見られる患者は多い。その反射を減弱させる手法として、随意性・動作方法の改善、伸張反射が起きにくい筋腱の長さの改善、速度依存で出現する場合もあり歩行速度(関節の角速度)の変化、Toe SpreaderやInhibitor barや装具の調整などが検討される。個々の患者の特徴に応じてよりベストな対応していきたい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み