トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > Vol.484.10m歩行テストの助走は何m?10m歩行テストの様々なプロトコルの比較検証

Vol.484.10m歩行テストの助走は何m?10m歩行テストの様々なプロトコルの比較検証

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

歩行

 

タイトル

●10m歩行テストの助走は何m?10m歩行テストの様々なプロトコルの比較検証

 

●原著はInfluence of Timing Protocols and Distance Covered on the Outcomes of the 10-meter Walk Testこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●頻繁に臨床で評価されるテストであるが、勉強をしてみると行い方が自己流であったと気付くことがある。基本的な評価方法を見直すべく学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●10m歩行テストにおいてスタートのタイミングと助走距離の影響を調査しました。

 

●10メートル歩行テスト(10MWT)は歩行速度、健康状態および機能的能力を反映するために一般的に使用されます。ただし、そのテストは現在、標準値とデータ解釈および研究間の比較に影響を与える可能性のあるさまざまなプロトコルと距離で実施されています。

 

方法

 

●この研究では、健康成人(n = 33)、健康高齢者(n = 29)、歩行能力の低下した人(n=16)が参加した。78名の参加者が10MWTの様々なタイミングプロトコルと距離の影響を調査しました。

 

●参加者は、助走なしおよび助走(4~10メートル)を使用して10mを歩いている間に時間を計られた。

 

結果

 

静的な状態からスタートの群の歩行速度は約0.05-0.11 m / sで助走をつけた群の歩行速度よりも遅かった。助走は4メートルと10メートル間では有意差はなかった。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●十分10m歩行テストを行う際に助走は取れているだろうか?論文等と比較する場合、助走有り無しで比較対照出来なくなる。ルーティンで行う検査は原著などしっかり調べ実施することが好ましい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み