vol.352:超音波による坐骨神経の評価  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 神経系
  4. vol.352:超音波による坐骨神経の評価  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー
神経系

vol.352:超音波による坐骨神経の評価  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 


 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!

 
 
 
 
PDFでもご覧になれます。→
PDF
 
 
 
 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

超音波による坐骨神経の評価

Ultrasound Neurography in the Evaluation of Sciatic Nerve Injuries

?PubMed Ayhan Bilgici J Phys Ther Sci. 2013 Oct; 25(10): 1209–1211.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・超音波で神経損傷の評価ができるか興味深かったため読もうと思ったため

 

内 容

背景・目的

・神経損傷の臨床評価としての超音波の有用性を検討すること

 

方法

・坐骨神経損傷を有する被験者10

・超音波を使用し損傷部位、神経腫などを評価した。

 

結果

 

表:超音波画像と実際の坐骨神経像の比較 Ayhan Bilgici (2013)より引用

 

10名中4名はナイフなどによる損傷、1名は銃によるもの、4名は注射によるもの、1名は圧搾によるもので損傷していた。

3名は急性期(72時間以内)、7名は慢性期だった。

4名で神経の瘢痕化が見つかり、1名で神経腫が見られた。

・超音波による視覚化・認識・部位の特定は70%がgoodもしくはexcellentで行えた。poor30%だった。
 
 
 
  

私見・明日への臨床アイデア

・超音波によって神経損傷診断の可能性を示唆した論文だった。理学療法では筋による神経圧迫なども評価が可能になるのかもしれない。
 
 
 

職種 理学療法士

 
 

 
 
 
 
論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


 
 
 
 

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS