トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.305:介護者による呼吸リハビリテーション

vol.305:介護者による呼吸リハビリテーション

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

肺がん患者の呼吸筋力と呼吸困難に対する介護者教育の効果

Effect of caregiver education on pulmonary rehabilitation, respiratory muscle strength and dyspnea in lung cancer patients.👈PubMed Jeong JH J Phys Ther Sci. 2015 Jun;27(6):1653-4. doi: 10.1589/jpts.27.1653.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

介護者に運動時のポイントを教えて、ご本人が自主トレーニングを正しく行っているか介護者に管理していただくことは多い。今回、介護者が呼吸リハを実施した場合に効果があるかを検討した論文を見つけ、興味があったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・肺がん患者に対して呼吸リハビリテーションを自宅で行うこともある。

・介護者に教育をし、介護者が呼吸リハビリテーションを患者に対して行った場合の効果を検討した論文は少ない。よって本研究は介護者による呼吸リハビリテーションが呼吸筋筋力と呼吸困難にどう影響するか検証する。

 

方法

41名の肺がん患者

・実験群(22名)と対照群(19名)の2群に無作為に分けた。

・実験群は介護者に対し以下の教育を行った。①咳嗽練習、②気道確保、③呼吸練習、④ストレッチ、⑤筋力トレーニング

・対照群は一般的なアドバイスを行った。

・アウトカムは肺がん手術後2週間と6週間に計測した。

・呼吸筋筋力、最大吸気圧(MIP)、最大呼気圧(MEP)を計測した。呼吸困難感は改訂版Borg scaleで評価した。

 

 

結果

表:実験結果 Jeong JH (2015) より引用

 

・実験群のMIPMEPBrog scaleは介入後に有意な改善が得られたが、群間の有意差は得られなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・今回は群間の差は得られなかったが、介護者による呼吸リハビリテーションで介入前後の改善は得られた。家族などの介護者にリハビリテーションをお願いすることは今後さらに増えると思う。その際の教育方法などについてさらなる研究が必要なのだろう。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み