トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.293:非麻痺側挙上位のハーフスクワット時の麻痺側筋活動

vol.293:非麻痺側挙上位のハーフスクワット時の麻痺側筋活動

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

脳卒中者非麻痺側挙上位でのハーフスクワット時の筋活動

Effects of lifting the non-paretic foot on muscle activity during the semi-squat exercise in hemiplegic patients

👈PubMed Dong-Kyu Lee J Phys Ther Sci. 2015 Jun; 27(6): 1869–1870.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・麻痺側優位にスクワットした際の筋活動を検証した論文を見つけ、興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・脳卒中者の下肢筋力向上はリハビリテーションにおいて重要な目的のひとつである。下肢筋力向上のひとつにスクワットがあるが、両脚でのスクワットは非麻痺側優位になってしまうことが多い。

・本研究は非麻痺側を挙上し、麻痺側への負荷を強めた状態でのスクワットを行った際の下肢筋活動を検証すること、重心下降期と上昇期における大腿四頭筋の筋活動を比較することの2点を目的とする。

 

方法

17名の脳卒中者

・筋電図を麻痺側の大腿直筋(RF)、内側広筋斜走線維(VMO)、外側広筋(VL)に貼付した。

・スクワット膝屈曲30°とし、30°で3秒間動作を止めることとした。またスクワットを①両脚支持、②非麻痺側挙上位の2パターン実施した。またスクワットを①重心下降期、②重心移動停止期、③重心上昇期の3つの相に分けた。

 

結果

 

表:実験結果 Dong-Kyu Lee (2015)より引用

 

 ・非麻痺側挙上位と両脚支持を比較すると、非麻痺側挙上位の方が有意にRFVMOVLの筋活動が高かった。

・重心移動停止期が重心下降、上昇期より高い筋活動を示した。下降期と上昇期を比較すると上昇期でより筋活動が高かった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・スクワットを相分けすると重心下降期より上昇期の方が筋活動が大きかった。今回は大腿四頭筋のみに着目していたが、ハムストリングスや大殿筋などその他の筋活動がどうなるかも詳しく見てみたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み