トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 頭部姿勢の予測的姿勢制御(APAs):理学・作業・言語療法士のためのリハビリ論文サマリー vol27

頭部姿勢の予測的姿勢制御(APAs):理学・作業・言語療法士のためのリハビリ論文サマリー vol27

脳神経系に関連する論文にセラピストの臨床アイデアを加えた情報を定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

キャプチャ

カテゴリー

脳科学,姿勢制御

 

タイトル

頭部姿勢の予測的コントロール
Anticipatory Control of Head Posture👈PubMedへ
Alessander Danna-Dos-Santos et al:Clin Neurophysiol.2007.Aug;118(8): 1802–1814

 

内 容

概 要

●APA(anticipatory postural adjustments:予測的姿勢制御)を見る際に体幹の活動を見ることは多いが,頭部のAPA を見る研究は少ない
●先行研究では,上肢の挙上の際,三角筋が働く前に頭部の屈伸筋活動があると報告されている
●本研究では,HP(頭部)・TP(体幹)・HTP(頭部と体幹)をEMG にて,計測方法は立位での上肢活動で計測した

 

方 法

キャプチャ1

Fig1:主な実験条件6つ A・B:頭部への動揺,C・D:体幹への動揺 ,E・F:頭部・体幹双方への動揺(予測的な荷重・除重によって異なる方向性の動揺を作りだす)

 

結 果

●動揺が頭部に直接的に関係した際に頚部の屈筋,伸筋の活動が強まった
●頭部が動揺する際の体幹と下肢の筋活動は少なかった
●体幹の動揺は,頭部と体幹の動揺と変わらないAPAの反応であった
キャプチャ2
●①A time-shifted(reciprocal)pattern と②A simultaneous activation(co-activation)pattern の二つが頭部のAPAの活動として確認された
●①は予測しやすい状況下での相反的な頚部の反応で,②は予測できない状況下での同時収縮的な頚部の反応であった
●下肢と体幹の安定は頭部の安定を助長してくれる役割は認められなかった(→頚側の仕方に問題があったと思われる)
●先行文献では,下肢と体幹の安定は頭部の安定性を保証してAPAの活動を促してくれるとの報告がある

 

明日への臨床アイデア

●頭部の動揺を極力減らそうと体幹、頭部と体幹の連結が重要になることがわかった
●体幹の動揺に対するAPAとして,ガストロ・前脛骨筋・大腿四頭筋の活動はあまりみられず,腹直筋やハムスト、脊柱起立筋の活動が重要であったことはコアスタビリティの治療の示唆となる可能性がある
●頭部の相反的な筋活動と同時収縮的な筋活動の二つのパターンは臨床経験からしても予測できる
●食事における嚥下の際,頸部伸筋がAPAに伴い先行的に活動し,頭頸部が安定した上で屈筋の活動による嚥下へと移行していくことの重要性が窺われる(舌骨のコントロールの幅が拡がる?)

 

 

氏名 金子唯史

所属 STROKE LAB

職種 作業療法士

経験年数 14年目

 

 

 

STROKE LABコース 募集中

 

 

キャプチャ3
STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み