トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.524.膝伸展筋の痙縮を伴う脳卒中患者のステップ動作の戦略とは?

Vol.524.膝伸展筋の痙縮を伴う脳卒中患者のステップ動作の戦略とは?

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●伸展筋の痙縮を伴う脳卒中患者のステップ動作の戦略とは?

 

●原著はShort-Step Adjustment and Proximal Compensatory Strategies Adopted by Stroke Survivors With Knee Extensor Spasticity for Obstacle Crossingこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者において大腿直筋の痙縮を伴う方は多く、患者のパターンや治療選択を学習する過程として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中患者は、安全な障害物またぎのために慎重かつ代償的な戦略を採用します。膝伸展筋の痙縮は脳卒中後の一般的な二次的な感覚運動障害ですが、膝伸展筋痙縮を伴う脳卒中患者の障害物またぎ動作時のがステップの調整と代償戦略を検討した研究はほとんどありません。

 

●本研究は、膝伸展筋の痙縮を有する脳卒中者と痙縮のない脳卒中者間の障害物をまたぐ際の運動学的データの違いを比較し、ステップ調整と代償戦略における膝伸展筋の痙縮関連の違いを特定することを目的としました。

 

方法

 

●20人の脳卒中患者の被験者は、膝伸展筋のMASスコアに基づいて、痙縮グループ(n = 11、MAS≥1)と非痙縮グループ(n = 9、MAS = 0)に分けられました。

 

●10 mの通路を自己選択速度で歩き、15cmの障害物をまたぐように指示されました。 10台のカメラの3Dモーション解析システムと2つのフォースプレートを使用して、運動学的データを収集しました。

 

 

結果

 

●膝伸展筋の痙縮を有する脳卒中患者は、障害物に近づくために歩幅の狭い(短い)ステップ戦略を採用しましたが、非痙縮患者は長いステップ戦略を使用しました。

 

●痙縮患者は前額面上の体幹・骨盤・股関節の代償動作を選択しました。

 

●麻痺側四肢のスイング中、痙縮グループは、以下の測定で非痙縮グループで見られた値よりも有意に高い値を示しました:骨盤側方傾斜角、体幹側方傾斜角、足部と同側の股関節(内外側)間距離、股関節の働きの寄与、前後および内外側方向の圧力中心と重心の距離。これらの結果は、骨盤、体幹の前額面上の傾きおよび股関節外転の組み合わせた動きが、障害物またぎを成功させるための重要な代償戦略であるが、横方向のバランスをいくらか犠牲にしていることを示しています。

 

●障害物後段階では、歩行パターンとバランス制御を再確立するために、短いステップから増加するステップ幅の戦略が採用されました。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●Stiff knee gaitの患者様では、矢状面上が痙縮により上手くコントロールできなくなっているため、動きの比較的出せる前額面上の動きを増やすしかない。痙縮により分節性が乏しくなる分(下肢が棒のようになってしまう)、動きもダイナミックになりやすい。麻痺側自体への介入も重要であるが、麻痺側をより楽に使える非麻痺側の姿勢制御に目を向けることも重要と思われる。安定は幾分の痙縮(過活動)の抑制を生む可能性もある。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み