トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.474.作ってみよう!!半側空間無視のリハビリテーションにおけるアイパッチ効果

Vol.474.作ってみよう!!半側空間無視のリハビリテーションにおけるアイパッチ効果

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●作ってみよう!!半側空間無視のリハビリテーションにおけるアイパッチ効果

 

●原著はEffect of eye patching in rehabilitation of hemispatial neglectこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●振動刺激に続き、半側空間無視に対するアプローチの引き出しを増やすための学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●アイパッチ(EP:単眼または右半視野)は、半側空間無視患者の無視された視野に対する視空間注意を改善するために提案されています。

 

●脳卒中後の半側空間無視におけるアイパッチの効果のレビューです。本レビューの目的はエビデンスに基づく推奨事項を脳卒中リハビリテーションの臨床医に伝えることです。

 

 

結果

 

●Medline、EMBASE、Scopus、Cochrane Library、CINAHL、PsychINFO、EBRSR、Health Starデータベースから13の介入研究が選択されました。全体として、7つの研究では単眼アイパッチを使用、5つの研究では右半視野アイパッチを使用し、1つの研究では右単眼と右半視野アイパッチを比較しています。

 

●単眼アイパッチに関しては、4つの研究が好ましい効果を報告しました。 ある研究では、右単眼パッチの影響は見られませんでした。ある研究では、左単眼パッチによる半側空間無視の改善が示されました。

 

●2つの研究は、右対左単眼パッチの優位性を見出しませんでした。

 

● 3つの研究では、別のリハビリテーション手法と組み合わせた右半視野アイパッチが、単独の治療よりも効果的であることがわかりました。ある研究では、別の治療と組み合わせた右半視野アイパッチとその治療のみ間に違いは見られませんでした。

 

●右半視野のアイパッチの有用性を世界的に支持している傾向が見られた。別の治療との組み合わせで、より効果的と報告されている。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●図のような物は100均や目関係の雑誌の付録他、安価な眼鏡・サングラスを工作して作成可能である。試用してみて、良さそうであればアイパッチなど検討してみても良いと思われる。また、空間認知が改善してくれば、外していけば良い。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み