トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.456.非麻痺側トレーニングが麻痺側同部位を強化する!?脳卒中患者の手関節背屈筋に対するCross Educationの効果

Vol.456.非麻痺側トレーニングが麻痺側同部位を強化する!?脳卒中患者の手関節背屈筋に対するCross Educationの効果

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●非麻痺側トレーニングが麻痺側同部位を強化する!?脳卒中患者の手関節背屈筋に対するCross Educationの効果

 

●原著はUnilateral wrist extension training after stroke improves strength and neural plasticity in both armsこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●麻痺側の出力を高める事は脳卒中リハを行う上で、課題となる。今回、”cross education”という概念が目に止まり、麻痺側の出力を高める上での一つの臨床アイデアになるのではと思い本論文に至る。

 

内 容

 

背景・方法

 

●脳卒中は両側性の神経障害と筋力低下を誘発し、神経学的により多く影響を受ける(MA:麻痺側)および影響を受けにくい(LA:非麻痺側)側がもたらされる。麻痺側を直接トレーニングすることは、重度の筋力低下や関節可動域制限を有する人にとっては非常に難しいことがある。研究は、片側トレーニングが脊髄レベルと皮質レベルの両方で神経経路に両側的に影響することを明確に示している。”Cross-education” とは片側の同部位の筋を訓練する事で訓練されていない側の同じ筋の強度を高める事を指す。

 

●本研究では、慢性期脳卒中患者24人の非麻痺側の手関節において5週間の最大筋出力での手関節背屈トレーニングを実施し、観察した。20人がトレーニングを完遂した。

 

●3つのベースライン評価(PRE1、PRE2、PRE3。4〜7日間隔)と1つの事後テスト(POST。トレーニング後1週間以内)が実行された。最大手関節背屈の強度、脊髄および皮質の可塑性および臨床評価がPRE1-3およびPOSTで行われた。

 

 

 

結果

 

●トレーニングの5週間後、非麻痺側手関節背屈の高強度訓練にて非麻痺側手関節背屈筋力は42%、麻痺側は35%増加した。4人の患者で臨床的に意義のあるレベルの手の機能改善があった。5週間後のフォローでもこの両側の筋力増加量は維持されていた。

 

●筋活性化は、麻痺側上肢でのトレーニング後の皮膚反射振幅と相関していた。

 

●この研究は、神経学的に影響を受けにくい「非麻痺側」の上肢を使った高強度トレーニングが、両側の筋力を改善し、脊髄と皮質の両方の可塑性を変化させることを示している。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●脳卒中は両側性に神経障害がもたらされる為、非麻痺側にも着目する必要性は言われているが、非麻痺側を鍛えると左右のバランスが余計に崩れるのではないかと思うこともあった。本論文ではCross educationという考え方が示されており非麻痺側を高強度でトレーニングすることで麻痺側の同部位の出力向上が見込まれるとされる。麻痺側の出力が出てきた時点で麻痺側単独練習に移行させていくのも一つの案と思われる。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み