トップへ戻る

専門分野での豊富な学術実績(4冊の翻訳/執筆) The Academic Results

TOP > 専門分野での豊富な学術実績(4冊の翻訳/執筆)

学術的発表、寄与

現代医療の発展において専門分野への学術的発表、寄与は欠かせません。私は日本・世界学会での発表に加え、現在までに専門書籍4冊の執筆に関わらせて頂きました。来年は初の単著が大手出版社で、同じく都内文京区に位置する医学書院より発売されます。今後も自身のセラピー技術への研鑽に加え、専門領域への寄与も並行して行っていく次第です。

近代ボバース概念 - 理論と実践

近代ボバース概念 – 理論と実践ガイアブックス (2011)

近代ボバース概念 - 理論と実践

本著は私の初の翻訳書籍です。本著の翻訳を通じ、ヒトが動くためには筋肉や骨だけを診るのではなく、脳神経システムも踏まえなければ十分な回復を促せないことを再認識しました。ヒトは骨と筋肉だけでなく、脳や神経まで配慮したセラピー治療を実施しなければ、すぐに元に戻ったり、飛躍的な改善は見込めません。

エビデンスに基づく脳卒中後の上肢と手のリハビリテーション

エビデンスに基づく脳卒中後の上肢と手のリハビリテーションガイアブックス (2014)

エビデンスに基づく脳卒中後の上肢と手のリハビリテーション

本著は初の単独での翻訳書籍です。原著を読み「脳卒中後においてプラトー(機能回復が停滞する状態)はない」「運動麻痺の回復は当事者が努力しなければならない」など、印象深い記述に感銘を受け翻訳の運びとなりました。

エビデンスに基づく高齢者の作業療法

エビデンスに基づく高齢者の作業療法ガイアブックス (2014)

エビデンスに基づく高齢者の作業療法

本著は初の監修書籍です。本著の特徴として最新のエビデンスに基づく論文を多用しながら老化現象への理解、作業療法の役割を論説している点です。原著を読み、是非日本の作業療法士にも紹介できたらという願いから、ガイアブックス社で出版できる運びとなりました。エビデンスは今後のリハビリ分野において常に考えるべき課題といえます。

作業で語る事例報告

作業で語る事例報告医学書院 (2014)

作業で語る事例報告

本著では「ボバース概念」「非麻痺側のプッシングによりトイレ重介助を要する事例への ボバース概念に基づくアプローチ 」の2項を執筆させていただきました。本著は作業療法を取り巻く様々な概念や介入方法をできるだけシンプルに読みやすいよう工夫されています。加え、「作業療法の主役は常にクライエントにある」という点を全てのページに一貫しています。

正常動作分析と脳卒中への臨床応用

正常動作分析と脳卒中への臨床応用医学書院 (2016)

正常動作分析と脳卒中への臨床応用

本著は初の単著となります。250ページというボリュームのある書籍となる予定で、基本動作を中心に動作分析のコツ、解剖・運動学的分析や神経学的分析を用いてどのように解釈していくかを検討していく内容となっています。
若手~中堅の療法士にとって動作分析は熟練を必要とするスキルです。本著がそのスキルを飛躍する一端を担えれば幸いです。

論文

作業療法ジャーナル 疾患別作業療法の実際―骨・軟部腫瘍・脊髄腫瘍 / 三輪書店(2011)

主要な学会での発表

2007 日本全国作業療法学会 口述発表「活動性の低下した正常圧水頭症患者のベッドサイド治療経験」
2011 日本全国作業療法学会 「急性期における24時間マネージメントの実践」
2012 日本全国作業療法学会「ボバース概念に基づく24時間マネージメントの実践-急性期脳卒中患者におけるCOPM,GASの活用-
2014 WFOT 世界作業療法士連盟大会「Goal attainment scale(GAS)の活用と意義 片麻痺患者へのカナダ作業遂行測定(COPM)を併用した心身機能構造レベルへの活用」

STROKE LABの6つの安心

  • 大学病院での10年の臨床経験

    大学病院で10年の臨床経験

  • 豊富な学術実績

    専門分野での豊富な学術実績(書籍4冊)

  • 脳と身体をつなぐセラピー

    医学的根拠に基づく脳と身体をつなぐセラピー

  • 国家資格保有

    国家資格保有

  • 海外での研修経験

    海外(イギリス)での豊富な研修経験

  • 文京区本郷の立地・プライベート空間

    本郷(御茶ノ水)の立地とプライベート空間