トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.300:低出力レーザー療法と術後回復

vol.300:低出力レーザー療法と術後回復

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

術後回復に対する低出力レーザー療法の抗炎症作用とアレルギー反応

Anti-inflammatory and analgesic effects of low-level laser therapy on the postoperative healing process👈PubMed Hebert S. C. Fabre J Phys Ther Sci. 2015 Jun; 27(6): 1645–1648.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・低出力レーザー療法によって術後の炎症症状を軽減できるかもしれないと知り、抜歯後の炎症症状ではあるが、本論文を読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・第3大臼歯(親知らず)の除去は口腔内手術において一般的で、術後は痛み、腫脹、開口障害などを呈する。

・これらの炎症症状に対し、コルチコステロイドや非ステロイド性抗炎症薬の服薬が推奨されているが、出血、胃腸刺激、アレルギー反応などの副作用を伴う。

・炎症症状に対する代替的な治療法として、低出力レーザー療法(LLLT)がある。LLLTは抗炎症作用を持つが、副作用がないと報告されている。

・本研究は口腔内手術後の痛み、腫脹、開口障害に対し、LLLTが有効かどうかを検証する。

 

方法

10名の患者

・全患者に対し同じ手術を実施。

LLLTは術後24時間後を初回とし、全4回、一日おきに実施した。

・アウトカムは痛み(VAS)、腫脹、開口障害とした。

・開口具合は右上部の門歯(前歯)と下中央の門歯の距離とした。

・腫脹の程度は一側の耳珠から他側の耳珠までの距離とした。

・計測は術前(T0)、術後24T1)、48T2)、72T3)、96T4)、120T5)、144T6)、168時間後(T8)に実施した。

 

結果

表:実験結果 Hebert S. C. Fabre (2015)より引用

 

・腫脹と開口障害に関して、術前と術後24時間を比較すると有意に腫脹の増加と開口障害が見られたが、48時間以降は有意差が見られず術前状態に戻ったと言える。

・痛みに関して、術後24時間と48時間に有意差は見られなかったが、術後3日目以降は有意差がみられ、痛みが消失していることがわかる。

 

私見・明日への臨床アイデア

LLLTによって炎症症状の緩和が図れるか検討した論文だったが、対照群を設定していないため、LLLTによって改善したかが不明確な結果だった。外科手術後の炎症症状はリハビリテーションの阻害因子であるため、LLLTの研究が進みより速く炎症期の緩和が図れるとよいと思う。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み