トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.264:認知障害を有する脳卒中者の課題指向型訓練

vol.264:認知障害を有する脳卒中者の課題指向型訓練

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

認知障害を有する脳卒中者の課題指向型訓練

Effects of task-oriented training on upper extremity function and performance of daily activities in chronic stroke patients with impaired cognition👈PMC JuHyung Park .et al.(2016)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・課題指向型の上肢機能訓練、指導を行う事があり、その理解を深めていこうと思い本論文に至る。

 

内 容

背景

 

・課題指向型訓練は、神経学的損傷を有する患者に使用されるリハビリテーションの介入手段です。患者中心で目標を立て、課題指向であり、セラピストに焦点は当てていない。

 

・この脳卒中者に機能的課題の中で問題解決を試みる機会を与える訓練は、正常運動パターンの反復練習よりも上肢機能および日常活動の改善をより効果的であると仮定されている。

 

・しかし、課題指向型訓練は、多くの研究で、認知機能の障害を有する患者にはその適用は不十分であると批判されている。

 

目的

 

・認知機能の障害を有する慢性脳卒中者の上肢機能に対する課題志向型訓練の効果を明らかにすることを目的とした。

 

方法

 

・本研究では、慢性期の片麻痺患者2例に課題指向型訓練を受けさせた。

 

・訓練は1日1回30分間、5回/週、2週間行った。

 

・患者は、課題指向型訓練の前後で3回評価を行った。脳卒中上肢機能検査 Manual function test(MFT)・FIMを用いて評価した。 [結果]

 

結果

 

・患者は、課題指向型訓練後、上肢機能と日常活動動作能力の双方の改善を示した。

 

 

・課題指向型訓練は、認知機能の障害を有する慢性脳卒中者の上肢機能および日常生活活動を改善する上で有効であることが示唆される。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・臨床(外来)で行う上で、身近かつ意味のある課題は通常の運動よりも患者自身も反応を感じやすく、自宅でのセルフエクササイズや実生活で手を使うという事に繋げやすい感触がある。認知障害の課題指向型訓練は認知の程度や症状、何を課題とするかによると思われる。今回は、MMSE19点かつ2名と小規模かつ認知障害の程度も重度ではないと思われ、より大規模の研究も参照していきたい。

 

 

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み