トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.249:半側空間無視に対する身体知覚運動の効果

vol.249:半側空間無視に対する身体知覚運動の効果

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

急性期脳卒中患者の半側空間無視に対する身体知覚運動の効果

Effects of body awareness training on mild visuospatial neglect in patients with acute stroke: a pilot randomized controlled trial.👈PubMed Bang DH J Phys Ther Sci. 2015 Apr;27(4):1191-3. doi: 10.1589/jpts.27.1191.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

半側空間無視に対するアプローチを探しており、本論文を見つけたため読んでみようと思った。

 

内 容

背景・目的

・半側空間無視によって機能回復が阻害され、日常生活に障害をきたす利用者は多い。

Body awareness training (BAT 身体知覚トレーニング)は動的バランスと姿勢安定性向上を目的としたアプローチであり、安定性限界の中で単純な動作を反復して行う。

・主観的垂直軸を意識しながら様々な運動を行うことは、半側空間無視に対しても有効のように思われるが、実際にBATが半側空間無視にどういった影響を及ぼすか調べて研究はない。

・したがって、本研究はBATと半側空間無視の関係性を調べる。

 

方法

・12名の脳卒中者を実験群と対照群の2群に分けた。

・実験群は課題指向型アプローチに加えてBATを実施し、対照群は課題指向型アプローチのみとした。

Motor-free Visual Perception test (MVPT)Line Bisection Test (LBT)にて半側空間無視、 and modified Barthel index (MBI)にて動作の自立度を評価した。

BATでは裸足立位・座位にて身体正中位を意識させながら単純な体幹や上肢運動を行わせた。

・介入は1日30分、週5回、3週間実施した。

 

結果

表:実験結果 Bang DH (2015)より引用

 

 ・両群ともに介入後にMVPTLBTMBIの改善がみられ、群間の差も全てのアウトカムでみられた(実験群でより大きい改善)。

 

私見・明日への臨床アイデア

・身体正中位を意識しながら体幹・上肢の運動を行うことで半側空間無視の改善がみられた。正中位を意識するというのは利用者に対し指示するだけなので臨床で取り入れやすい。ただ、意識することができない利用者がおそらく多いと思うので、鏡や口頭指示などでフィードバックをしながら行うことが大事だと思われる。

 

職種 理学療法士

 

 

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み