トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.359:H反射検査を行う上での留意点

vol.359:H反射検査を行う上での留意点

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

H反射検査を行う上での留意点

The Hoffmann Reflex: Methodologic Considerations and Applications for Use in Sports Medicine and Athletic Training ResearchPMC Riann M. Palmieri et al.(2004)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・臨床において行う検査の意義等を見直したいと思ったため。

 

内 容

背景

 

・多数の著者が、神経学的状態を検査するためのツールとしてH-反射を使用している。しかし、スポーツ傷害後の神経筋障害を調べるために、H反射を使用した人はほとんどいない。

 

・H-反射は、様々な集団における神経機能を評価するための貴重なツールです。しかし、この測定は外的要因に敏感であるため、H反射を誘発する際には注意が必要です。 H-reflexをどのように引き出すか、原稿に適切な方法を提示する方法についての推奨事項について検討します。

 

目的

 

・ホフマン反射(H-reflex)を引き出すために使用された適切な方法を議論する。

 

方法

 

・Date:Hoffmann reflex、H-reflex、および方法論を用いて1960年から2004年までMEDLINEおよびSPORT Discusを検索した。残りの引用は、同様の論文の参考文献から収集した。

 

内容

 

・H-反射は脊髄のストレッチ反射に類似しています。 2つの反射の唯一の違いは、脊髄のストレッチ反射は筋肉の伸張後に誘発され、H-反射が電気刺激の結果であることです。 H-反射とストレッチ反射の経路は同じです。 適切な刺激の後、活動電位はIa求心路に沿ってαMNに移動し、最終的に筋肉の収縮反応を生じます。

 

・刺激強度が増加し続けると、より多くのIα求心性繊維が閾値に達するにつれて募集され、 H反射の振幅を増加させます。

 

・手足の長さを考慮したH反射経路の長さは、H-反射がEMG上に現れるまでの時間を調べる際に留意することが重要です。

 

・刺激の導入に関連してEMG上にH反射が現れるまでの時間は、その潜時と呼ばれる。筋肉が脊髄に近づくほど、H反射の潜時が短くなります。例えば、ヒラメ筋H反射は、刺激送達後約30ミリ秒の潜時でEMG上に現れるが、中程度のH-反射は約15ミリ秒後に現れる。

 

・H反射を引き出すために刺激が与えられる頻度に注意を払わなければならない。H反射の振幅を減少させます。刺激は、少なくとも10秒55秒間隔で適用する必要があります。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・反射を見る際に、電気活動であることを留意する大切さを感じた。徒手で行う反射検査も、反応が出ないからと、何度も刺激を繰り返すこと自体が反応を鈍化させたり、閾値を変化させたりと正しい評価でなくなる可能性が考えられる。

 

 

氏名 shuichi kakusho

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み