トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > フットコアと動作の関係性:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol98

フットコアと動作の関係性:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol98

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。
Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」
📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

脳科学,バイオメカニクス,歩行

 

タイトル

足部の内在筋促通が脳卒中患者に与える影響
Short foot exercise incorporating the foot core system paradigm on clinical trials for the patients with stroke👈原著PDFへ
Paul Lee et al:NEUROTHERAPY 2016;20(1):43-52

 

内 容

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

•足部の内在筋が脳卒中患者の立ち上がりや歩行にどのように影響を与えるか知りたかったため。
•”Foot core system paradigm”という言葉が興味深く、どのように定義されているかが知りたかったため。

 

目 的

•足部内在筋のトレーニング(short foot exercise)が脳卒中患者の足部のアーチ、筋緊張、歩行スピードや関節可動域にどのように影響するかを調査することである。

 

方 法

•34名の脳卒中患者(1年以内に再発がなく、50m歩行が可能、他の神経徴候なし)を無作為に2群に分けた。
•コントロール群(一般的理学療法):立位評価、足部モビライゼーション、筋促通、立位アライメント調整。
•介入群(一般的理学療法+short foot exercise):足部内在筋促通のため、端座位・両足部を地面に置き①足趾伸展②足趾IP関節伸展位でMP関節屈曲等尺性収縮(内側アーチ挙上を意識)を行った。
•両群ともに1回90分×週5回×6週間。
•アウトカム:立ち上がり時の筋活動(下腿三頭筋内側、外側、前脛骨筋)、歩行スピード(10m歩行)、足関節背屈可動域

 

結 果

fig.
fig.
Paul Lee et al:2016👈原著PDFへ

 

※図の凡例
CEG:一般的理学療法、SFE:short foot exercise、Affected:麻痺側、Non-affected:非麻痺側、GCM(M):下腿三頭筋内側頭、GCM(L):下腿三頭筋外側頭、TA:前脛骨筋

 

論文の背景や興味深かったこと

•Foot core system paradigm とは、体幹でいうところのコアスタビリティのように、足部の内在筋がアーチを安定させ、外在筋の働きを強めると定義されている。
•本研究では足部内在筋を促通したことで、動作時の下腿三頭筋や前脛骨筋の張力が減少し、歩行スピードが速くなった。安定したアーチは少ない筋収縮でも効率的に外在筋の張力を伝達し、歩行や立ち上がりを改善することが示唆された。

 

私見・明日への臨床アイデア

•足部の内在筋促通により下腿三頭筋や前脛骨筋の筋張力が減少したことから、脳卒中患者が下腿に感じる疲労を軽減できるかもしれないと思った。
•背屈可動域にも改善が見られており、足部の内在筋促通が下腿三頭筋の筋緊張を緩和し、可動域練習としても使えることが示唆された。

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み