トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 脳科学系 > vol.392:脳卒中後4~8週の手指伸展機能の観察     脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

vol.392:脳卒中後4~8週の手指伸展機能の観察     脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 
 

 

 


 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!

 


 
 
 
 
PDFでもご覧になれます。→
PDF
 
 
 
 

カテゴリー

脳科学系
 
 
 

タイトル

脳卒中後4~8週までの手指伸展機能の観察

When Does Return of Voluntary Finger Extension Occur Post-Stroke? A Prospective Cohort StudyPubMed Winters C et al.(2016)

 
 
 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・脳卒中後の手指リハビリに関わることが多く、手指伸展機能に関わる論文を検索し、本論文に至る。
 
 
 

内 容

背景

 

・脳卒中後早期に随意的な指の伸展を示さない患者は、6ヶ月経過した時点での上肢機能回復の予後が不良であると示唆されている。予後不良であるにもかかわらず、多くの患者が上肢能力を回復する。

 

・VFEの欠如は、機能的な皮質脊髄路の完全性の喪失を反映し、手の筋肉が対側の皮質脊髄路によってほぼ単独で支配されることを認めている。網様体脊髄路による手の筋への間接的な両側神経支配は、脳卒中後の手の運動制御にも寄与し得る。しかし、網様体脊髄路が麻痺の手の随意的な伸筋に影響を及ぼし得るかどうかは依然として不明である。
 
 
 

目的

・我々は、運動回復中の自発的な指の伸展(VFE)が回復する時間を決定し、はじめは予後不良であったにもかかわらず、脳卒中後6ヶ月で上肢能力の改善を示す患者の臨床的特徴を特定することを目指した。
 
 
 

方法

・随意的な指の伸展(Fugl-Meyer Assessment手のサブ項目の指の伸展≧1)の復帰時間を評価した。

 

・ARATで10点以上のカットオフを使用して、上肢の何らかの能力(すなわち、小さな物体を拾う能力)のリターンを定義した。

 

・脳卒中後6ヶ月の上肢能力の回復する確率は、患者特性を用いた多変量ロジスティック回帰分析により決定した。(多変量解析は、共変量または目的変数が2つ以上ある場合に用いる解析法である。)
 
 
 

結果

・脳卒中後8±4日に自発的指伸展を伴わない100人の患者のうち45人が、6ヶ月で10点以上のARATを達成した。

 

・これらの回復した者の指の随意的な伸展を回復させる時間の中央値は4週間であった(2週間~8週間)。

 

・下肢機能が中等度から良好であり、視空間無視および十分な体性感覚機能(Em-NSA≧33点)は、脳卒中後6ヶ月で0.94の確率で上肢機能を回復した。

 

・脳卒中後最初の4週間以内~最大8週間以内に、指の自発的な伸展を毎週確認することが推奨されます。

 

・麻痺が主に上肢に限定され、視空間無視および十分な体性感覚機能がない患者は、脳卒中後6ヶ月で少なくとも上肢機能の復帰を示す可能性が高い。
 
 
 

私見・明日への臨床アイデア

・脳卒中後最初の4週~8週間以内にVFEを観察し、他機能(感覚・視空間認識機能)を考慮することで予後予測が可能であることが論文より推察される。上肢以外の機能も手指に影響し得ることも本論文より示唆された。局所・全体で手指を評価していけるよう心掛けたい。

 
 
 

氏名 Shuichi kakusho

職種 理学療法士

 
 
 
 
脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


 
 
 
 
 
 

 

 


無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み