トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.286:座り方と下肢皮膚温

vol.286:座り方と下肢皮膚温

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

異なる座り方による下肢温度の違い

Effects of different sitting positions on skin temperature of the lower extremity👈PubMed

Seung Namkoong J Phys Ther Sci. 2015 Aug; 27(8): 2637–2640.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・利用者様の座位が崩れていることは多い。また下肢が異常に冷たく、血流不良を示唆していることも多く経験する。座位の違いから下肢の温度の違いを調べた論文を見つけ、興味深いため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・現代人はライフスタイルの変化から座位時間が増えていると言われている。

・足を組んで座ることも多いが、血流量の低下から皮膚温の低下が生じるのではないかと仮説を立てた。したがって本研究は足を組んだ座位による皮膚温や血流率の変化を検証する。

 

方法

23名の健常成人

・サーモグラフィーを用いて皮膚温と血流率を計測した。

・膝(膝蓋骨)、脛骨、足部前面の3か所を比較した。

・足を組んだ座位は①ULC(両大腿が接触)②AOK(一側の踵が他側の膝に接触)の2つとし、これに通常の座位③を加えたの3条件を比較した。

・一つの姿勢を30分続けるよう指示した。

図:実験概略 Seung Namkoong (2015)より引用

 

結果

 

表:実験結果 Seung Namkoong (2015)より引用

 

 ・皮膚温の有意な低下が生じたのは①の上側の下肢の脛骨部・足部前面、③の両側脛骨部だった。

 

私見・明日への臨床アイデア

足を組んだ座位では上側の下肢の血流が乏しくなることがわかった。下肢を組まなくても血流低下を示しており、利用者様の座位姿勢を改めて評価する必要があると思われる。

 

職種 理学療法士

 

 

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み