トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.296:猫背姿勢被験者の頭部位置と上肢筋活動

vol.296:猫背姿勢被験者の頭部位置と上肢筋活動

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス、上肢

 

タイトル

頭部前突・肩甲骨前傾外転姿勢の被験者における頭部位置の違いによる上肢筋活動の変化

Changes in upper-extremity muscle activities due to head position in subjects with a forward head posture and rounded shoulders

👈PubMed Jung Won Kwon J Phys Ther Sci. 2015 Jun; 27(6): 1739–1742.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・頭部前突し、肩甲骨が外転前傾している姿勢を呈する利用者様は多い。今回頭部の位置に変化を付けた際に上肢筋活動がどうなるか検証した論文を見つけ、興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・座位の不良による頭部前突姿勢(FHPRS)は胸椎後彎・肩甲骨の外転前傾により上肢の筋活動や運動に影響を及ぼす。

・頭部位置により上肢筋活動がどう変わるか、FHPRSの患者で検証する。

 

方法

40名のFHPRSを呈する利用者

3つの頭部位置

・自然な頭部位置(NHP):リラックスし快適と感じられる座位での頭部位置

・理想的な頭部位置(IHP):徒手や口頭指示なしで、被験者が良いと思う頭部位置

・修正された頭部位置(CHP):検者の徒手や口頭指示により頭部正中位に修正された姿勢

・被験者は右上肢を180°屈曲するよう指示された。筋電図によって胸鎖乳突筋(SCM)、僧帽筋上部線維(UT)、僧帽筋下部線維(LT)、前鋸筋(SA)の筋電位を計測した。

 

結果

表:実験結果 Jung Won Kwon (2015)より引用

 

・僧帽筋上部線維と前鋸筋は群間の差が見られたが、胸鎖乳突筋と僧帽筋下部線維には有意差が見られなかった。

・僧帽筋上部線維と前鋸筋は、NHPIHPNHPCHPの間に有意差が見られた。(NHPの方が筋電位が大きい)。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

・頭部前突位だと僧帽筋上部線維や前鋸筋の筋活動が大きくなることが分かった。頭部前突位で頸部や肩の痛みを訴える場合、上記2筋の過剰な筋活動が原因かもしれない。臨床推論の際のひとつのアイデアになると思う。

 

職種 理学療法士

 

 

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み