トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.313:膝OA患者の膝アライメントと大腿四頭筋

vol.313:膝OA患者の膝アライメントと大腿四頭筋

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

変形性膝関節症患者の膝アライメントと大腿四頭筋の筋活動の関係性

Relationship between knee alignment and the electromyographic activity of quadriceps muscles in patients with knee osteoarthritis.👈PubMed Lim SH J Phys Ther Sci. 2015 Apr;27(4):1261-5. doi: 10.1589/jpts.27.1261.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・痛みの有無に限らず膝関節の変形を有する利用者様は多い。今回、膝関節アライメントと大腿四頭筋の筋活動を調べた論文を見つけ、臨床に役立てられそうと感じたため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・内反膝では膝内側面の変形進行リスクが4.09倍、外反膝では膝外側面の変形進行リスクは4.89倍と言われている。

・大腿四頭筋の筋力低下が膝OA進行の因子と言われているが、膝アライメントと大腿四頭筋の筋力の関係性はまだよくわかっていない。

・本研究は内側広筋(VM)と外側広筋(VL)の筋電計測からVMVLの比を算出し、膝アライメントとの関係性を検討する。

 

方法

40名の膝OAを有する女性

・立位にて膝のX線画像を撮影し、解剖学的な膝アライメントを計測した。膝の内反具合で程度内反群、中等度内反群、高度外反群とした。

図:膝アライメント計測方法 Lim SH (2015)より引用

 

結果

 

 

表:実験結 Lim SH (2015)より引用

 

・低度、中等度、高度内反群の3つの群でVM/VL比の有意差は出なかった。

・膝伸展トルクもしくはVM/VL比と膝アライメントに相関関係は得られなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・有意差は得られなかったが、結果を見ると膝内反するほど内側広筋の電位が高くなっている。内反患者は外側広筋の活動が高いと思っていたが違うようだった。今回の計測は座位での等尺性収縮であることが関係しているかもしれない。姿勢、肢位、収縮条件によって筋活動は変わるということを再確認できた。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み