トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > vol.383: Kinect ゲームを使用した慢性期脳卒中者リハビリ 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

vol.383: Kinect ゲームを使用した慢性期脳卒中者リハビリ 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)


 

 
STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!
 
 

 
 
 
PDFでもご覧になれます。→PDF
 
 
 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

Kinect gameを使用した慢性期脳卒中者リハビリ

Effects of Virtual Reality Training using Xbox Kinect on Motor Function in Stroke Survivors: A Preliminary Study PubMed Park DS et al.J Stroke Cerebrovasc Dis. 2017 Oct;26(10):2313-2319. doi: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.05.019. Epub 2017 Jun 9.

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・motion captureやVR等のリハビリ応用の可能性や限界を知りたいと思ったため

 

 

内 容

背景・目的

 

・『Kinectゲームシステム』はリハビリテーションにおいて治療上有益であることが示されていますが、脳卒中後の運動機能を改善するためのKinectベースのバーチャルリアリティ(VR)トレーニング適用の可能性は調査されていません。

 

・本研究は、XboxのKinectゲームシステムを使用し、慢性期の片麻痺患者の運動回復に対するVRトレーニングの効果を調査することを目的としました。

 

方法

 

・これはランダム化比較試験(RCT)でした。片麻痺患者20名を無作為に介入群または対照群のいずれかに割り当てました。

 

・介入群(n = 10)の参加者は、Xbox Kinectベースのゲームを用いたVRトレーニングを30分と従来の理学療法を30分実施し、対照群(n = 10)の参加者は、30分の従来の理学療法のみを受けました。

 

・介入は6週間毎日のセッションで構成されていました。

 

・Fugl-Meyer評価(FMA-LE)、Berg Balance Scale(BBS)、Timed Up and Goテスト(TUG)、および10mWTをoutcome mesureとし、ベースライン時と終了時に実行されました。

 

 

結果

 

 

・FMA-LE、BBS、TUG、および10mWTのスコアは、トレーニング後の介入群と対照群の両方において、ベースラインから介入後に有意に改善しました。

 

・介入群のBBS、TUG、および10mWTの前後差スコアは、対照群のそれらより有意に改善されました。

 

・本論文は脳卒中リハビリテーション中の運動機能を改善するための効果的な治療アプローチとしてのXbox Kinectゲームシステムによる追加のVRトレーニングの使用を支持しています。

 

 

 

私見

 

 

・kinectは2017年に生産終了しているが、2019年2月24日に「Azure Kinect」というもので形を変えて新たに発表された。

 

・100万画素の深度センサーと複数のマイク群、1,200万画素のカメラを組み合わせ、MicrosoftのクラウドサービスAzure上のAIサービスと連動させられるデベロッパー向けデバイスとのことです。

 

・複数台でパノラマ的に撮影することも可能である。様々な用途で用いられてくると思われ、動向に注目したい。

 

 

 

氏名 shuichi kakusho

 

職種 理学療法士

 

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

論文サマリー 一覧はこちら

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

  

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします

  


無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み