トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.339:加齢によるオトガイ舌骨筋の筋萎縮・脂肪浸潤と誤嚥

vol.339:加齢によるオトガイ舌骨筋の筋萎縮・脂肪浸潤と誤嚥

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

加齢によるオトガイ舌骨筋の筋萎縮・脂肪浸潤と誤嚥

Aging-Related Geniohyoid Muscle Atrophy Is Related to Aspiration Status in Healthy Older Adults 👈PubMed Feng et al.(2013)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・継続的な舌機能の学習として本論文に至る。

 

内 容

背景

 

・高齢者では誤嚥が増加し、肺感染や肺炎に至る可能性があります。後者は、罹患率/死亡率の主要な原因であり、老人ホームの高齢者の死因の第一位である。

 

・筋肉のサルコペニアは、加齢による舌骨運動を減少させる上で主要な原因となり、その結果として高齢者の誤嚥リスクが高まることがある。

 

・顔面筋の筋萎縮および脂肪浸潤による年齢関連の筋力低下は、高齢者の嚥下障害を引き起こす可能性があります。

 

・安全な嚥下の重要な要素は、舌骨を上げ安定させ、気道を保護するオトガイ舌骨(GH)筋です。

 

目的

 

・この研究は、高齢者の老化および誤嚥がオトガイ舌骨筋の筋萎縮および脂肪浸潤と関連しているかどうかを調べることを目的とした。

 

方法

 

・CT康高齢者(平均年齢78歳)および40歳の若年成人(平均年齢32歳)の頭部および頸部のCTを分析しました。

 

・矢状面および冠状面における二次元ビューを用いて、オトガイ舌骨筋のGH断面積および脂肪浸潤を測定しました。

 

・40人の高齢者のうち20人の誤嚥者および20人の非誤嚥者が同定されていました。

 

結果

 

・オトガイ舌骨筋GHの断面積は、女性よりも男性が大きかった。

 

・断面積の減少は老化に関連し、断面積は非誤嚥者に比べて誤嚥者で有意に小さかったが、高齢男性のみであった。

 

・脂肪浸潤の増加は、オトガイ舌骨筋GHの中間および後部で加齢と関連していた。

 

・誤嚥者と非誤嚥者間でオトガイ舌骨筋GHの脂肪浸潤に有意差はなかった。つまり、オトガイ舌骨筋GHにおける脂肪浸潤は、加齢とともに増加したが、誤嚥とは関連していなかった。

 

・オトガイ舌骨筋GHの筋萎縮は、加齢および誤嚥と関連していました。

 

・これらの知見は、オトガイ舌骨筋GHの萎縮が、高齢者の嚥下の安全性および嚥下能の低下の一因となり得ることを示唆しており、さらなる調査が必要である。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・STが在籍する施設は良いが、在宅など不在の場合は、担当するPTOTなども多少観察眼を身に付けておく必要があると思われる。誤嚥リスクのみならず、リハビリと栄養の観点からも、触知観察できる範囲で嚥下能を確認できるように心がけていきたい。

 

 

氏名 shuichi kakusho

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み