トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.255:脳卒中後のモーターモジュールとリハビリテーション

vol.255:脳卒中後のモーターモジュールとリハビリテーション

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

モーターモジュールと脳卒中リハ

Neuromechanical Principles Underlying Movement Modularity and Their Implications for RehabiliCelltation👈Neuron Lena H. Ting et al.(2015)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・脳卒中後慢性期の方を良く担当させて頂くが、共収縮をはじめ全身的に運動パターンの少なくなった動作が見受けられ、その本質を探っている。その一過程である。

 

内 容

脳卒中後のmotor modulesとRehabilitation

 

● 脳卒中後の運動モジュールの数は、モジュールの結合より麻痺側で減少し、下肢および上肢における筋の協調障害を示す。

 

● 結合されたモジュールは、個々の筋制御の独立性の低下を反映し、上肢および下肢の両方において四肢の筋肉の異常な結合が観察され、脳卒中における臨床的な筋シナジーと一致する。

 

● 運動モジュールの数は、歩行速度、バランスおよび歩行機能の臨床的尺度、ならびに推進の非対称性およびステップ長の非対称性などの生体力学的尺度と相関する。モーターモジュールは、運動障害の重症度を測定するために通常使用される下肢Fugl-Meyer評価より歩行とバランス機能との相関が良い。モジュール数が減じていなくても、その動員する能力の低下は歩行能力を低下させる。結合したモーターモジュールの特性は、異なるアプローチを必要とするかもしれない歩行障害の差を予測する。

 

● 脳卒中後には、下肢を伸展し床反力を強く得るためには足関節底屈筋が重要であるが、脳卒中後には最も一般的に障害が認められる。

 

● モーターモジュールの減少を有する患者において、2つの異なるタイプの底屈筋の障害が見出された。

 

①底屈筋と近位伸展筋(股関節外転/伸筋および膝伸筋)を独立して活性化させることができなかった。

 

②底屈筋を独立して作動させることができるが、タイミングが不適切で、近位の伸筋の制御とハムストリングスの結合を示した。

 

● Neuromechanicalシミュレーションは、これらの足関節底屈筋の問題が不適切な推進につながることを明らかにし、麻痺側足関節底屈筋の動員を改善することはリハビリテーションにおいて重要な要素であることを示唆した。モーターモジュール分析によって同定されたニューロメカニカルな障害に基づいて、異なるリハビリテーションアプローチが規定され得ることを示唆している。

 

● 速いトレッドミル歩行と機能的電気刺激(Fast FES)を組み合わせた歩行の再学習ツールが歩行の推進時のモーターモジュールの改善を目的として開発されている。

 

● 速い歩行は、いくつかの点で運動機能を改善するのに役立ちます。まず、適度な運動は運動の可塑性の促進因子となり得ます。第2に、困難なスピードで歩くことを要求することによって運動探索を促進し、より多い反復の機会を提供し、使用依存性の可塑性を高めます。第3に、歩行時の膝の屈曲および推進などの歩行のコンポーネントを強調し、特定の運動モジュールの育成を促進する。

 

● 底屈筋への電気刺激により麻痺側下肢の推進力を改善するために課題特有の育成が提供される。電気刺激はまた、新しい運動モジュールの運動学習を強化する求心性フィードバックを提供する。

 

● FastFESは機能面における歩行機能の改善、地面上の歩行機能、活動、および改善された足関節底屈筋の改善を介して慢性的な脳卒中後片麻痺を有する個人の参加を改善することが示されている。しかし、筋活動の変化は、その構造がはるかに小さく、Fast FES後に測定されていません。

 

● リハビリテーションの前後で行われたモーターモジュール分析は、治療効果のより深くかつ力学的な評価を提供し、この分析は介入の量および内容をさらに最適化するために使用され得ます。

 

● 興味深いことに、長期的な慢性脳卒中患者では、一部の結合したモーターモジュールがまだ存在しているにも関わらず、モーターモジュールが分離しているように見える場合があります。これは、脳幹または損傷した皮質領域とは対照的に、損傷を受けていないそのままの皮質領域における経験依存性の可塑性によるより大きな能力を反映し得る。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・motor modulesの評価方法は一般的な方法があるのか等今後継続して探っていきたい。現状では、筋電図を利用し、複数の筋を同時測定することを考えている。

 

・上肢の課題指向型アプローチと同様に、下肢も多少困難な課題を何度も何度も反復していく事で、経験・反復によりどう変化してくるか興味深い。その際の環境設定やfeed back等も考慮して試行してみたい。

 

・異常結合したmoduleが分化するという視点は興味深いと思った。

 

 

氏名 Shuichi kakusho

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み