トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.311:気管挿管患者に対する頸部可動域練習と呼吸・咳嗽機能

vol.311:気管挿管患者に対する頸部可動域練習と呼吸・咳嗽機能

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

気管挿管された脳卒中者に対する、頸部可動域練習を用いた呼吸リハビリテーションの効果

Efficacy of pulmonary rehabilitation using cervical range of motion exercise in stroke patients with tracheostomy tubes👈PubMed Sung-Hyoun Cho J Phys Ther Sci. 2015 May; 27(5): 1329–1331.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・挿管した脳卒中者に着目した論文を見つけ、有意義な情報があるのではと感じ読むことにした。

 

内 容

背景・目的

・呼吸機能の低下は日常生活の障害となる。疲れやすくなったり、気道分泌物の排出ができなかったりするためである。

・気管挿管した脳卒中者は頸部アライメントや可動性に異常が生じやすく、呼吸機能に影響を与えていると報告されている。

・したがって、本研究は気管挿管された脳卒中者に対し頸部可動域練習を実施し、呼吸と咳嗽機能に変化があるか検討する。

 

方法

・呼吸機能に問題がない12名の脳卒中者

・実験群6名と対照群6名に分けた。

・呼吸機能として努力肺活量(FVC)、1秒量(FEV)、1秒率(FEV1/FVC)を、咳嗽機能としてpeak cough flow rate (PCFR咳嗽時の最大呼気流量)を計測した。計測は介入前後に行った。

・対照群は介入なし、実験群は頸部可動域練習を週5回、8週間行った。

 

結果

表;実験結果 Sung-Hyoun Cho (2015)より引用

 

・対照群は介入前後でFVCFEVに変化はなかったのに対し、実験群は両アウトカムの有意な改善が得られた。

PCFRも同様に、対照群では変化がなかったが、実験群は両アウトカムに改善が見られた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・頸部可動域練習によって呼吸・咳嗽機能に改善が見られた。挿管された患者様に対し、頸部にアプローチすることで誤嚥性肺炎の予防に貢献することができるのではないだろうか。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み