トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.258:片麻痺患者のペダリングの効果

vol.258:片麻痺患者のペダリングの効果

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

片麻痺患者のペダリングの効果

After-effects of pedaling exercise on spinal excitability and spinal reciprocal inhibition in patients with chronic stroke.👈PubMed Tanuma A et al.(2017)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・職場でエルゴを用いる際の神経系への影響を学習したいと思ったため。

 

内 容

目的

 

・脳卒中後の痙縮の強い(脊髄の興奮性の高い)片麻痺患者においてペダリングの効果を評価すること。

 

方法

 

・重度の片麻痺患者を有する20人の脳卒中患者がこの研究に参加した。

 

・快適な速度でエルゴメータを用いて7分間のアクティブペダリングと7分間のパッシブペダリングを行うよう指示された。

 

・H反射および麻痺側のヒラメ筋のM波は、能動的および受動的ペダリングの前、直後、および後30分に休息時に記録された。

 

・Hmax / Mmax比(最大振幅比)および H recruitment curveを測定した。

 

・相反抑制は、ヒラメ筋のH reflex conditioning testを用いて評価した。

 

結果

 

・Hmax / Mmax比(最大振幅比)は、能動的および受動的ペダリング訓練後に有意に減少した。

 

・能動的ペダリング後のHmax / Mmax比の低下は、少なくとも30分間持続した。

 

・H recruitment curve および相反抑制は、アクティブまたはパッシブペダリング後にはあまり変化しなかった。

 

結論

 

・ペダリング運動は重度の片麻痺患者の脊髄興奮性を低下させた。ペダリングは、脳卒中後のリハビリに有効であるかもしれない。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・エルゴは脊髄の興奮性の正常化、異常共収縮の再学習、筋活動のタイミングの再学習など多々効果が期待される。その効果が得られたとして、歩行や各動作とエルゴは筋活動が違い、movementへ繋げるにはまた違った手続きが必要と考える。

 

・機器を用いる上で、機器の効果と限界を知って手段の一つとして関わっていきたい。

 

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み