トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.256:高圧酸素療法と脳卒中後うつ

vol.256:高圧酸素療法と脳卒中後うつ

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

脳卒中後うつに対する高圧酸素療法の効果

The effects of combined hyperbaric oxygen therapy on patients with post-stroke depression.👈PubMed Yan D J Phys Ther Sci. 2015 May;27(5):1295-7. doi: 10.1589/jpts.27.1295.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・脳卒中後にうつ病を呈した利用者様に臨床でよく出会う。今回うつ病に対し高圧酸素療法の効果を検討した論文を見つけ、興味を持ったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・脳卒中後のうつ病(PSD)は急性期に有病率33%、慢性期で34%と言われている。
・抗うつ薬はあるが、15~33%は薬を使用しても効果が見られないと報告されている。
・高圧酸素療法(HBOT)は急性期の一酸化中毒に対して効果的と言われているが、この治療法は急性期、慢性期問わず脳卒中者の神経学的な改善に有効と報告されている。これは脳損傷部位に対して酸素供給が可能なこと、脳浮腫の改善や代謝促進につながることが理由に挙げられている。
・本研究は脳卒中者のうつ病に対し、抗うつ薬と高圧酸素療法を併用した際の効果を検討する。

 

方法

90名の脳卒中者

・抗うつ薬群、抗うつ薬+高圧酸素療法群と高圧酸素療法群の3群に分けた(それぞれ30名)。

Hamilton Depression Scale (HAMD:うつ病の評価) Scandinavian Stroke Scale (SSS:神経機能の評価)をアウトカムとした。

4週間の介入とした。

 

結果

表:実験結果 Yan D J Phys (2015)より引用

 

3群全てで介入前後のSSSHAMDの改善が見られた。

・抗うつ薬+高圧酸素療法群のHAMD群は他の2群より有意な改善が見られた。

SSSは群間の差は見られなかった。

・臨床効果は抗うつ薬+高圧酸素療法群で90%であり、他の2群より有意な改善が得られた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・高圧酸素療法がうつ病に有効と初めて知った。抗うつ薬と併用することで臨床効果が高く、病院でも取り入れられると良いと思った。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み