トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.242:脳卒中者と健常者の在宅生活の活動の違い

vol.242:脳卒中者と健常者の在宅生活の活動の違い

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

脳卒中者と健常者の在宅生活の活動の違い

Upper cervical range of motion is impaired in patients with temporomandibular disorders.👈PubMed C English et al.(2016)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・在宅を経験し、活動性の低下している方に多く関わった。活動性が低下するとどうなるのかというエビデンスをより把握したく本論文に至る。

 

内 容

背景

 

・過度に座って過ごすことは、心血管疾患の罹患率に関連する。

 

・脳卒中を患っている人は、さらなる心疾患のリスクが高く、5年以内に脳卒中が再発する人は3分の1で、10年以上生存している人は43%になります。

 

・座った行動(座ったり横になったり、エネルギー消費量が少なくて済む)は健康状態の悪化、特に心臓血管疾患のリスクが上昇する事と相関する証拠が急速に蓄積しています。

 

・1日あたり11時間以上座っていると報告された参加者は、4時間未満で座っていると報告した人よりも死亡率が1.4倍高かった。

 

目的

 

・研究目的は、脳卒中群と年齢の一致した健常群の就寝時間、身体活動、および時間の使用を量およびパターンで比較調査することであった。

 

方法

 

・63人の成人(脳卒中40人および年齢が一致した健常対照23人)が参加した。参加者(女性35%、男性65%)の平均年齢は68.4歳であった。

 

・7日間行いました。

 

・就寝時間を活動モニタで測定した。

 

・身体活動および毎日のエネルギー消費は加速度計および多機能アームバンドを用いて測定した。

 

結果

・脳卒中を有する参加者は、対照群の座位時間( 8.2時間 /日)と比較して、座っている時間(10.9時間/ 日) が長かった。

 

・立位時間は健常群は5.2時間/日に対し、脳卒中群は2.6時間/日であった。

 

・歩行時間は、健常群は2.2時間/日に対し脳卒中群は1.1時間/日であった。歩数は健常群は5,314歩に対し脳卒中群は2,411歩であった。

 

・脳卒中の参加者は、テレビを見ている間、ほとんど静かに座っていることが多かったが、対照の参加者は、コンピュータを操作する時間が長くなりました。

 

・脳卒中群では、身体活動量と日常エネルギー消費量が対照群と比較して低かった。

 

・脳卒中患者の合計15人は1日1分間の中等度から激しい身体活動を行ったことが記録された。対照群は最も活動性が低い人で1日の4.3分で、他の健常者はいずれも1日あたり少なくとも8.0分の中等度から激しい身体活動を行ったことが記録された。

 

・脳卒中患者は、静かに座っている時間が大幅に増え、健常群は日々の雑用をする時間が大幅に脳卒中群より多かった。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・脳卒中患者の退院後の過ごし方について、自立かつ自律した生活を送れるよう、本人の身体機能や性格・環境はじめ個々に応じて現実的に対応していきたい。

 

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み