トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.222:筋疲労と皮膚二点識別覚

vol.222:筋疲労と皮膚二点識別覚

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

健常成人における筋疲労後の二点識別覚の変化

Comparisons of changes in the two-point discrimination test following muscle fatigue in healthy adults. 👈PubMed Han J J Phys Ther Sci. 2015 Mar;27(3):551-4.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・筋疲労が皮膚感覚である二点識別覚に影響を与えるということが意外で、とても興味深かったため、読みたいと思った。

 

内 容

背景・目的

・動きに対する感覚情報は皮膚、関節、筋から得られる。

・しかし、感覚は年齢、体重、皮膚温や筋疲労などに影響されることがわかっている。

・筋疲労が皮膚二点識別覚にどういった影響を与えるかはまだ十分に研究されていない。本研究は筋疲労と二点識別覚の関係性を検討する。

 

方法

34名の健常成人

・筋疲労は最大筋力の50%を維持できなくなった時点とした。

・閉眼にて二点識別覚を検査した。

 

結果

表:実験結果 Han J (2015)より引用

 

・筋疲労後に二点と識別できる距離は上肢と下肢ともに増大していた。これは二点識別覚の感度が低下していることを意味する。

・筋疲労後、女性の方が男性に比べて二点識別覚の低下が有意に大きかった。

・下肢と上肢の比較では下肢の方が筋疲労後の二点識別覚の低下が大きかったが、有意差はなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・筋疲労後に二点識別覚の低下が認められることがわかった。皮膚からの求心情報も姿勢保持や安定した動作にとって非常に重要である。臨床では過度の運動後に二点識別覚の低下が起こることを頭にいれ、疲労後の転倒リスクなども考慮してリスク管理に臨みたい。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み