トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.178:脳卒中後の代償運動

vol.178:脳卒中後の代償運動

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

脳卒中後の自然回復における代償運動の役割

The role of compensatory movements patterns in recovery after stroke

👈PubMed Kyoung-Hee Lee J Phys Ther Sci. 2015 Sep; 27(9): 2671–2673.

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・代償運動は臨床において日々遭遇するものである。今回、動物実験で代償運動と脳卒中後の自然回復を検討した論文をみつけ、興味深かったため読むことにした。

 

内 容

背景・目的

・代償運動は脳卒中患者によくみられる運動である。代償運動が回復を阻害することもあれば、代償運動によってできる動作が増えることも事実である。

・代償動作が自然回復にどう影響するか調べた論文は少ない。本研究では脳卒中後の機能面の回復過程における代償運動の役割を検討する。

 

方法

12匹の8週齢雄ラットを3群に分けた

・コントロール群(C4匹、運動野損傷群4匹(MC)、感覚運動両野損傷群(SMC4

・リーチ動作の成功数と代償動作の有無を記録した。

 

結果

キャプチャ

表:実験結果

Kyoung-Hee Lee (2015) より引用

 

・脳卒中両群は体幹回旋、頭部伸展、前腕回外障害がみられた。SMC群では前肢の屈曲障害、餌の把握ミス(おそらく空振り)がみられた。

SMC群では代償運動の増加に伴い、リーチ動作の成功数(餌を食べることができた)が増加した。

MC群では代償運動とリーチ動作成功数に有意な相関が見られた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・代償運動が増えることでリーチ動作の成功数は増加した。機能面の自然回復に代償動作がどう影響するか、が本論文の目的だったが、アウトカムはリーチ動作の成功率であり機能面の向上には触れられていなかった。

・代償動作によって生活が自立することは多い。そのため、代償動作を否定するつもりは全くないが、代償動作が疼痛や耐久性の低下の原因となっていることもある。代償動作がその人の生活において問題となっているのかどうか、見分けたうえで対応できるようになりたい。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み