トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.177:脳卒中者の固有受容感覚と筋力・痙性

vol.177:脳卒中者の固有受容感覚と筋力・痙性

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

脳卒中者の膝固有受容器と筋力、痙性との関係性

Correlation of knee proprioception with muscle strength and spasticity in stroke patients

👈PubMed Jin-Mo Yang J Phys Ther Sci. 2015 Sep; 27(9): 2705–2708.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・臨床コースにて、手指のアプローチが肩関節に影響を及ぼすことを多く経験する。論文で同様のことを扱ったものを探し、見つかったため読むことにした。

 

内 容

背景・目的

・多くの脳卒中者が体性感覚と筋の障害を伴う。脳卒中者の重要なゴールのひとつが体性感覚の回復であり、それは筋活動の回復にもつながる。

・本研究は膝の固有受容感覚と筋・痙性の関係性を探っていく。

 

方法

31名の脳卒中者

・麻痺側、非麻痺側に対し、関節覚の評価として他動での関節角度再現テスト、運動覚の評価として自動での関節角度再現テストを行った。検査は側臥位で行った。

・筋力はmanual muscle testで計測し、筋緊張はModified Ashworth Scale (MAS)で計測した。

 

結果

キャプチャ表:実験結果

Jin-Mo Yang (2015) より引用

 

・他動での関節角度再現テストでは、屈曲方向は麻痺側14.25°、非麻痺側5.33°の誤差があり、伸展方向では麻痺側12.25、非麻痺側5.15の誤差が見られた。

・位置覚、運動覚ともに筋力・痙性と負の相関が見られた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・固有受容感覚の低下と筋力・痙性に相関関係がみられた。本実験はMMTを使用しているため、計測の信頼性は低くなってしまうが、臨床において固有感覚と筋力・痙性の関連性は感じるところであるため結果が大きく異なることもないだろう。Rosant (2006)は非荷重下においたマウスヒラメ筋は固有受容感覚が低下すると述べており、本研究の相関を支持するものと考える。脳卒中者の治療の際、固有受容感覚を意識する必要性を再確認した。

 

Reference

Rosant, C. and Perot, N. C. (2006) ‘Adaptation of rat soleus muscle spindles after 21 days of hindlimb unloading’, Experimental Neurology, 200, pp.191–199.

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み