トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > パーキンソン病患者の姿勢の垂直性:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.133

パーキンソン病患者の姿勢の垂直性:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.133

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

パーキンソン病患者の固有受容感覚と姿勢の垂直性PubMed: Vaugoyeau, M. Neuroscience. 2007 May 11;146(2):852-63.

👈pubmedへ

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・症例コースにてpostural orientation(身体のアライメントと筋緊張をアクティブに制御する能力)と、それを遂行するために固有受容感覚が重要であることを学んだ。

・Vaugoyeau (2011)はパーキンソン病の姿勢コントロール障害が固有受容感覚の統合に問題あると述べており、その根拠となる本論文を読んでみたいと思った。

 

内 容

背景・目的

・姿勢のコントロールには視覚、平衡覚よりも固有受容感覚(皮膚、筋、関節からの求心性情報)が重要と言われている。

・姿勢の垂直性に大脳基底核が関与しており、それを障害されるパーキンソン病患者は垂直性が崩れた前屈姿勢を取ることが多い。

・固有受容感覚の統合障害はパーキンソン病の姿勢コントロール障害の原因であるのか検討する。

 

方法

11名のパーキンソン病患者と10名の対照群

・被験者は動揺するプラットホーム上で垂直位の姿勢を保持する。

・動揺は前後方向と左右方向の二種類。

・動作解析装置にて身体のアライメント計測(乳様突起、C7、肩峰、ASIS、仙骨、大転子、外果)。

w

図1:頭部、体幹動揺の計測方法

Vaugoyeau (2007)より引用 θrを図のように求める。

 

 

結果

あ

図2:左右方向の頭部、体幹動揺

Vaugoyeau (2007)より引用 EO:開眼、EC:閉眼

  

・対照群では頭部、体幹動揺が少なく、閉眼によって動揺の増加を認める。

・パーキンソン病群は対照群に比べ動揺が大きく、閉眼でさらに動揺が大きくなった。

・開眼位では両群の頭部動揺に有意差はなかったが、閉眼位ではパーキンソン病群で有意に頭部動揺が大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・動揺する床に対し、垂直位の姿勢を保持することがパーキンソン病患者では難しく、特に閉眼位で姿勢の崩れが大きかった。これは視覚に大きく依存していることを意味しており、固有受容感覚の低下を視覚で代償していることが予想される。

・臨床コースでは、対象者が普段取ることのない姿勢にセラピストが誘導し、普段使っていない低緊張な筋の緊張を高め、同時に固有受容感覚の入力も促す実技を習う。

・この徒手アプローチによって、パーキンソン病患者のpostural orientationを整え、転倒予防につなげることが可能かもしれない。

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み