トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > vol.291:膝OA患者に対する超音波療法の効果

vol.291:膝OA患者に対する超音波療法の効果

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

歩行

 

タイトル

OA患者の治療期間に対する超音波の効果

Comparison of therapeutic duration of therapeutic ultrasound in patients with knee osteoarthritis👈PubMed Mustafa Aziz Yıldırıım J Phys Ther Sci. 2015 Dec; 27(12): 3667–3670.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・超音波を用いて変形性膝関節症の治療を試みたことがある。その効果は研究ではどのように証明されているか気になり、本論文を読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・変形性関節症(OA)はQOLに多大な影響を与える最も一般的な進行性疾患のひとつである。

・治療のひとつとして超音波療法があるが、研究にて効果は実証されていないのが現状である。

・しかし、臨床現場では依然として使われており、効果の実証が求められている。

・本研究は超音波療法が膝OAに対して有効かどうかを無作為化比較試験にて検討する。

 

方法

・実験の流れはベースライン計測、2週間の治療、アウトカム再計測とした。

・アウトカムはVASWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMACOAに対する痛みの評価、高得点はよりOAがより重症) Lequesne (Leq) index (日常生活における障害の程度を評価)、Beck Depression Inventory (BDI:うつ病に対する評価)

・超音波治療群(G1)50名とプラセボ群(G2)50名に分けた。

・両群ともに20分のTENSと両側大腿四頭筋の等尺性収縮訓練を行った。

 

結果

 

表:実験結果 Mustafa Aziz Yıldırıım (2015)より引用

 

・両群ともにVASWOMACLeqの群内の有意な改善がみられた。

VASWOMACの痛みとスティフネス、BDIに群間の有意差は得られなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・超音波療法の有無によって群間の有意差は得られなかった。今回100人を被験者として集め、実験プロトコルも無作為化比較試験でエビデンスレベルの高いものであるため、研究上では超音波は効果があるとは言えないのではないだろうか。追加研究に期待したい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み