トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > vol.269:若者と高齢者の歩行時の筋活動の違い

vol.269:若者と高齢者の歩行時の筋活動の違い

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

歩行

 

タイトル

若者と高齢者の歩行時の筋活動の違い

Age-related alterations in the activation of trunk and lower limb muscles during walking.👈PubMed Marques NR et al.(2016)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・加齢により何が変化し、何が保たれるのか?といったシンプルな疑問より本論文に至る。

 

内 容

背景

 

・Ikezoeらによると、大腿四頭筋は、老化中に最も失われた筋肉量を有する下肢群筋を構成すると報告されている。

 

・先行研究では、四肢筋の筋量の減少が可動性に影響を与えることを示している。

 

・歩行は、体幹・下肢および上肢の動きを統合的に調整することを必要とする複雑な運動課題である。歩行中の体幹の動員に老化がどのように影響するかのメカニズムは不明なままである。

 

目的

 

・本研究では、若年者と高齢者の歩行時の体幹と下肢筋の活性化を比較することを目的とした。

 

方法

 

・18歳から30歳の若い女性15名と60歳から82歳の高齢の女性19名が通常スピードでトレッドミルを歩き、多裂筋/内腹斜筋/大殿筋/大腿二頭筋/大腿直筋/前脛骨筋/腓腹筋外側頭から表面筋電図(EMG)を用いて1分間測定した。

 

・初期姿勢(踵接地後50ms)と最終姿勢(toe off前50ms)の部分を測定した。

 

結果

 

・若い女性と比較し、高齢女性はおいて、初期姿勢(踵接地後50ms)にて内腹斜筋の活性化52.32%・大腿直筋の活性化が39.95%低い値を示した。

 

・若い女性はBFの活性化が57.01%高く、高齢女性はTAの活性化が39.82%高かった。

 

・以前の研究にて年齢と歩行速度との間に負の相関があることを示した。今回の研究の主な制限は、若年層と高齢層の女性の歩行速度の差であった。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・高齢者では前脛骨筋が過活動となることが示された。高齢となり、低・後方重心となると中枢部での前後の重心移動が行いづらくなり、矢状面における末梢(足部)の筋活動の変化が現れる可能性があると考える。例えば、歩き出しは通常中枢部の前方移動を行う事で自然と下肢は後方に運ばれ歩きがスタートする。しかし、前方に移動できないと前脛骨筋の筋収縮が足を前に動かすスイッチになる可能性がある。

 

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み