トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > vol.233:トレッドミル歩行と手すり把持の有無

vol.233:トレッドミル歩行と手すり把持の有無

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

歩行

 

タイトル

脳卒中者の歩行に対する手すり把持トレッドミル歩行の効果

Effect of handrail use while performing treadmill walking on the gait of stroke patients.

 👈PubMed Kang KW J Phys Ther Sci. 2015 Mar;27(3):833-5. doi: 10.1589/jpts.27.833.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・安全のためトレッドミル中は手すり把持をお願いすることが多いが、今回把持の有無を比較した論文を見つけ、興味を持ったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・トレッドミルは脳卒中者の歩行練習によく用いられる。その際、手すりを非麻痺側、もしくは両側で把持することで歩行の不安定性を軽減することが可能である。

・手指での接触により身体動揺が軽減することがわかっているが、トレッドミル中の手すり把持の影響を調べた論文は少ない。

・したがって、本論文は手すり把持でのトレッドミルがどのように脳卒中者の歩行パラメータに影響するか検討する。

 

方法

30名の脳卒中者を以下の3群に分けた。

・NHG群:手すりを把持しない

・FHG群:前方の手すりを両上肢で把持

・BHG群:側方の手すりを両上肢で把持

・トレッドミル歩行を130分、週5回、8週間継続した。

・アウトカムは足底圧(10部位:母趾、2-5趾、第12345中足骨、足部中央、踵部内側、踵部外側)と接地部位(前足部、中足部、後足部)を計測した。

 

結果

 

 

表:実験結果 Kang KW (2015)より引用

 

 ・BHG群とNHG群の踵内側部の足底圧に有意な差がみられた。NHG群は介入前後で踵内側の足底圧が減少したが、BHG群は踵内側の足底圧が介入前後で増加した。

・踵外側の足底圧において、BHG群とNHG群の間に、またFHG群とNHG群の間に有意差がみられた。手すり把持のBHG群・FGH群は踵外側の圧が増加、手すりなしのNHG群は踵外側の圧が減少した。

 

私見・明日への臨床アイデア

・手すり把持では踵接地の割合が上昇し、手すりがないと踵接地が減少することがわかった。より正常歩行に近づけるために、トレッドミルでは手すり把持を促す方がリスク管理としても、歩行練習としても効果的ではないだろうか。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み