トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > vol.170:脳卒中者の階段昇降とエネルギー消費

vol.170:脳卒中者の階段昇降とエネルギー消費

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

歩行、バイオメカニクス

 

タイトル

慢性期脳卒中者の階段昇降時のエネルギーコストの予測因子

Predictors of energy cost during stair ascent and descent in individuals with chronic stroke.

 👈pubmed Polese JC J Phys Ther Sci. 2015 Dec;27(12):3739-43. doi: 10.1589/jpts.27.3739.

 

本論文を読むに至った思考・経緯

・利用者様が「家から出たくない」という理由の一つに疲労がある。脳卒中者は歩容異常から単一の部位に負担が生じやすく、歩行の効率性といった観点から日常生活を評価することは有意義であると考える。今回、歩行パラメータや下肢筋力から階段昇降のエネルギーコストを予測できるかを検討した論文を見つけ、興味があったため読んでみたいと思った。

 

論文内容

論文背景・目的

・動作時の耐久性は動作自立の重要な因子であるが、動作時のエネルギーコストについて研究はまだ十分になされていない。

・階段昇降能力は身体活動レベルを予測するに適した能力と言われている。階段昇降を困難だと感じる高齢者も多く、そのエネルギーコストを予測することは意義深い。

・本研究はどの歩行パラメータと下肢筋力から階段昇降時のエネルギーコストを予測できるかを検討する。

 

研究方法

55名の脳卒中者

・エネルギーコストは階段昇降時の酸素消費量とした(11段の階段を5分間昇降し、最後の2分間を解析した)。

・予測因子として10m歩行テストの至適歩行速度、6分間歩行テストでの歩行距離、麻痺側の膝伸筋力と足関節底屈筋力を計測した。

 

研究結果

キャプチャ

表:実験結果

Polese JC (2015)より引用

6分間歩行テストの歩行スピードと歩行距離は、階段昇降のエネルギーコストと負の相関が見られた。

・麻痺側の膝伸展筋力は階段昇降のエネルギーコストと正の相関がみられた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・エネルギーコストが高いと脳卒中者にとって疲労感が強く、日常生活で階段を使うことに嫌気がさしやすくなる。結果、家屋構造によっては自室から出なくなってしまい、非活動が二次的障害を生む可能性がある。今回の研究結果は6分間歩行テストが階段昇降の効率性を予測しうることを示唆しており、病院でのリハビリテーション時に階段昇降時の疲労度などを検討することが可能になるかもしれない。

 

氏名 鵜澤寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み