トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > 患者が考えたすくみ足の改善方法:リハビリ論文サマリー vol.104

患者が考えたすくみ足の改善方法:リハビリ論文サマリー vol.104

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系, 歩行

 

タイトル

パーキンソン病患者のすくみ足に対する経皮的脳刺激(症例報告)

Superficial brain stimulation to overcome freezing of gait in Parkinson disease  👈PubMedへ  Nonnekes. J, Neurology. 2017 Mar 15.

 

内 容

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・パーキンソン病のすくみ足に対し、なにか有効な治療はないかと考えていたため。

・患者本人がみつけたすくみ足の対処法が記載されており、有益だと感じたため。

 

 

 

背 景 ・ 目 的

 

・すくみ足は大脳基底核の障害により生じる。

・大脳基底核は動作の自動化と開始を担う組織であり、その機能の欠落はなにかしらの代償的な外部刺激がないと動作を開始できないことを意味する(リズム形成、視覚刺激など)。

・パーキンソン病患者はそれぞれ独自の代償的外部刺激を使って日常生活を送っており、本研究ではそれらを紹介する。

 

 

 

症 例 紹 介

 

65

20年前からパーキンソン病の診断

・主症状はすくみ足で、一日に最低1回はすくみ足が生じる。

・服薬の効果が薄れるとすくみ足が高頻度に発生する。

 

 

結 果

3つの代償的外部刺激

①患者自身の人差し指で左右のこめかみを押す

②アイススケートを行うつもりで歩く

③膝を高く持ち上げようとする。

 

上記3つの戦略がすくみ足を改善する理由の考察

・①:こめかみを押すことが経皮的に脳を刺激するため、もしくは体性感覚を刺激するためと記載されているが、明確な考察は述べられていない

・②③:本来、大脳基底核は習熟された動作(歩行など)の自動化と開始を担うものであり、慣れていない動作(スケート)などは基底核以外の経路で動作が開始されるため、有効なのではないかと述べられている。

・③:膝を高く上げることでより大きな身体重心の側方移動を生じるからだとも説明されている。

 

 

 

論文の背景や興味深かったこと

・症例報告という方法で新たな治療法を提案していることに面白さを感じた。研究のように、理論上概ねどの患者にでも当てはまるというものではもちろんないが、こういった一症例の報告から新しいアプローチや理論が作られることがあるのだと驚いた。

・②のアイススケートのような、慣れていない動作を意識することで基底核以外の経路を使うというのは論理的で、使える方法のように感じた。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

・どれも日常生活に取り込みやすいものであり、効果があるか実際に患者に試してもらうことは価値があると思った。

・患者の生活に治療のヒントが隠されており、しっかり情報を拾っていきたいと思う。

 

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み