トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 上肢 > vol.297:乳がん後のリンパ浮腫における可動域制限と運動感覚

vol.297:乳がん後のリンパ浮腫における可動域制限と運動感覚

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

上肢

 

タイトル

乳がん後のリンパ浮腫患者における手指機能と運動感覚

Evaluation of kinesthetic sense and hand function in women with breast cancer-related lymphedema👈PubMed Didem Karadibak J Phys Ther Sci. 2015 Jun; 27(6): 1671–1675.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・乳がん後のリンパ浮腫に関する論文ではあるが、上肢浮腫が手指機能と運動感覚に与える影響はどれくらいか、興味があったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・乳がんは女性の癌のなかで罹患率の高いもので、全癌の中の30%という報告もある。

・乳がんに付随するリンパ浮腫は慢性的で、上腕や手指、体幹、胸部に見られる。

・リンパ浮腫は間質液の貯留とリンパ管での不十分な排液が原因と言われており、手術での腋窩のリンパ節除去や術後の放射線治療によって起こる。リンパ浮腫の発症率は5.5%~58%と報告されている

・リンパ浮腫により上肢の可動域制限、痛み、皮膚トラブル、うつ病などを呈する

・本研究はリンパ浮腫における上肢の機能低下と運動感覚を調査する。

 

方法

・57名のリンパ浮腫を有する患者(乳がん後に外科手術、放射線治療、化学療法を行った方)

・被験者を手指の浮腫がある群(29名:HE+群)と手指の浮腫がない群(28名HE-群)に分けた。

・浮腫の重症度(フィギュアエイト)、可動性(modified Kapandji index1:MKI)、運動感覚(Fig2の手指肢位の模倣)、日常生活動作(手指のみ。62-item Hand Function Sort: HFS)を計測した。

図:計測方法 Didem Karadibak (2015)より引用

 

結果

 

 

表:実験結果 Didem Karadibak (2015)より引用

 

 MKIのスコア(機能的可動域)は手指の浮腫が増悪するほど低い値を示した。手指の浮腫がある群より浮腫のない群でMKIのスコアが高い傾向はあったが、有意差は得られなかった。

・手指の浮腫がない群は浮腫がある群に比べて有意に運動感覚が優れていた。

・浮腫の増悪に伴いHFSのスコアは減少した。浮腫のない群は浮腫のある群に比べて有意に高いHFSスコアを示した。

 

私見・明日への臨床アイデア

・浮腫の増悪によって可動域や運動感覚の低下が認められた。下肢などに浮腫がある場合に、感覚面の低下も予想して介入をしていきたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み