トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 上肢 > vol.229:脳卒中者上肢に対する両側性トレーニング

vol.229:脳卒中者上肢に対する両側性トレーニング

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

上肢

 

タイトル

脳卒中者の運動機能、活動度、活動強度に対する、加速度計を用いた両側性トレーニングの効果

Effects of bilateral training on motor function, amount of activity and activity intensity measured with an accelerometer of patients with stroke. 👈PubMed Shim S J Phys Ther Sci. 2015 Mar;27(3):751-4. doi: 10.1589/jpts.27.751.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

bilateral training(両側性トレーニング)というアプローチを初めて聞き、興味を持ったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・両上肢の協調性は上肢の運動機能や日常生活において重要な役割を果たす。

・麻痺側上肢のアプローチとしてCI療法があるが、適応範囲が狭いことが問題点となる。

bilateral training (BI) はCI療法に似ているが、CI療法より適応範囲が広く、麻痺側・非麻痺側の両上肢を用いることが特徴である。

・まだ研究は十分に行われていないため、本研究ではBIの効果を検証する。

 

方法

20名の脳卒中者を2群(BI群:両側使用、UT群:麻痺側のみ使用)に分けた。

・アウトカムはFugl-Mayer Assessment of Motor Function-upper extremity (FMA-U)functional independence measure (FIM)manual function test (MFT)で、介入前後に計測した。加速度計にて日常生活における上肢の使用頻度を計測した。

・介入は「引き出しの開け閉め」「テーブル拭き」「物の移動」などの課題であり、BI群は両側対称的に、UI群は麻痺側のみ使用して行った。

・介入期間は130分、週5回、6週間だった。

 

結果

 

表:実験結果 Shim S (2015)より引用

 

・UT群と比較し、BT群のFIMとFIMの運動スコア、麻痺側のMFTは介入前後で有意に改善した。

・BT群はUT群より有意に麻痺側の運動量が向上した。

・BT群はUT群に比し、有意に座位での活動量が減少し、麻痺側の中等度の運動が増加した。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

・BI療法は麻痺側、非麻痺側上肢を対称的に使用することで機能改善を図るアプローチだった。CI療法の適応の狭さを補うことをメリットとしており、今後注目されるかもしれない。今後の研究に期待される。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み