トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.187:肩甲骨後退運動時の上肢角度と僧帽筋・菱形筋

vol.187:肩甲骨後退運動時の上肢角度と僧帽筋・菱形筋

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス、上肢

 

タイトル

僧帽筋上部線維と菱形筋筋活動に対する肩甲骨後退運動の効果

Effects of pulling direction on upper trapezius and rhomboid muscle activity

👈pubmed Won-gyu Yoo J Phys Ther Sci. 2017 Jun; 29(6): 1043–1044.

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

円背姿勢のような不良姿勢を呈し、上下肢への疼痛を訴える利用者は多い。姿勢の修正を図る際に肩甲骨から脊柱伸展を促すことがあるが、効果的な方法がないか検討していた。今回、上肢の屈曲角度を変えることで菱形筋、僧帽筋上部線維の筋活動がどう変わるかを検討した論文を見つけ、読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・頭部前突、脊柱後彎、肩甲骨前突位は不良姿勢と言われる。

・この姿勢では菱形筋は弱化し、僧帽筋上部線維、肩甲挙筋、大胸筋、小胸筋が過緊張になりやすい。

・本論文ではセラバンドを用いた肩甲骨後退練習にて、上肢の角度を変えることで、僧帽筋上部線維活動を最小限にし、かつ菱形筋の強化を図れる上肢の角度を探っていく。

 

方法

・健常成人15

EMGを菱形筋と僧帽筋上部線維に装着し、筋活動を測定

・座位にて緑セラバンドを使用し、肩甲骨後退をさせた。セラバンドの開始時の長さは30cmとした。

condition1は肩屈曲90°、2は肩屈曲0°、3は肩屈曲30°、4は肩屈曲120°、5は肩屈曲60°とした。

 

結果

condition5(屈曲60°)の僧帽筋上部線維の最大筋収縮は29.3±19.5%で、condition4(屈曲120)の15.9±10.5%に比べ、有意により大きかった。

・僧帽筋上部線維活動はcondition2(屈曲0°)で18.9 ± 13.1%condition3(屈曲30°)で20.9 ± 17.7%condition4(屈曲120°)で 19.9 ± 16.1だった。

・菱形筋の活動はcondition4(屈曲120°)で31.2 ± 9.8%であり、condition1(屈曲30°、22.5 ± 11.0%)とcondition5(屈曲60°、21.1%±10.8%)で有意差が見られた。

・conditions 2 (屈曲0°)とcondition3(屈曲30°)はそれぞれ27.2 ± 13.2% と24.9 ± 10.7%だった

 

私見・明日への臨床アイデア

・実験結果より、僧帽筋上部線維の活動を最も緩め、菱形筋の活動を高めたい場合は肩屈曲120°で行うのが最も効果的であることがわかった。

・自主トレで頭部前突、脊柱後彎、肩甲骨前突位の不良姿勢を修正する場合は、この角度を指導するのが妥当であると言える。利用者様への説明の根拠を持って行えるだろう。

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み